TANIA SALEH / INTERSECTION


レバノンの女性SSW、これが6作目になるかと思います。いわゆるアラブ歌謡のPOP路線とも違うし、例えばヤスミン・ハムダンのようなインディー / アンダーグラウンドなシーンから出てきた新世代のSSWとも一味違います。も、ちょっとアーティスティックな志向というべきでしょうか?その歌は古いアラブの定型詩にインスピレーションを受けているということですし、アラブの政治状況や、宗派間の紛争、そしてイスラム原理主義などなど、様々な不幸をもたらす考えの違いに対して、音楽的にコミットする道を模索しているようにも感じます。とはいえ、あくまで音楽的に、定型の現行アラブPOPから離れ、もしくは若い層にだけ通用する世代的な共有意識からも離れ、ある意味、レバノン人音楽家としてのコスモポリットな立ち位置を模索している、とでも言えるでしょうか…。そんな方向性が、ノルウェーのレーベル、KIRKELIG KULTURVERKSTED (なんて読むのか、わかりませんが)のカラーに合致したということでしょう。
いかにも北欧レーベル・メイドの繊細なミクスチュアー、フォーク、ロック、ジャズ、ボサノバ、そしてエレクトロな音感などを溶け合わせたトラックの中、それでもレバノンの女性歌手の系譜〜ファイルーズやマジダ・エル・ルーミーあたり流れに沿った歌心も聞かせてくれるところ、当店界隈のリスナーの皆さんにもオススメできるかも、と。

go top