VINICIO CAPOSSELA / CANZONI DELLA CUPA


ロス・ロボス、フラーコ・ヒメネス、キャレキシコ参加〜イタリアの鬼才SSWが描き出す荒野の歌 !
〈イタリアのトム・ウェイツ〉の異名を持ち、ブルースやシャンソン、ジャズなどあらゆるアウトロー達の音楽を取り入れた作風で、イタリアでカリスマ的な人気を誇る男性SSW、ヴィニチオ・カポッセラ。〈ギリシャのブルース〉レンベーティカに取り組み、地中海音楽ファンを驚かせた彼の2017年最新作は、13年をかけて制作された2枚組の大作だ。デイヴィッド・ヒダルゴを筆頭としたロス・ロボスの面々にフラーコ・ヒメネスらチカーノ勢、キャレキシコやハウ・ゲルブらのアリゾナ州トゥーソンのデザート・ロック勢が大挙参加。彼らが奏でるハードボイルドなサウンドにのせて、ヴィニチオのルーツ、イタリア南部イルピニアの乾燥した丘陵地帯を舞台とした物語が描かれる。 (サプライヤーインフォより)

CD1 – Polvere
1. Femmine
2. Il lamento dei mendicanti
3. La padrona mia
4. Dagarola del Carpato
5. L’acqua chiara alla fontana
6. Zompa la rondinella
7. Franceschina la calitrana
8. Sonetti
9. Faccia di corno
10. Pettarossa
11. Faccia di corno – L’aggiunta
12. Nachecici
13. Lu furastiero
14. Rapatatumpa
15. La lontananza
16. La notte è bella da soli

CD2 – Ombra
1. La bestia nel grano
2. Scorza di mulo
3. Il Pumminale
4. Le creature della Cupa
5. La notte di San Giovanni
6. L’angelo della luce
7. Componidori
8. Il bene mio
9. Maddalena la castellana
10. Lo sposalizio di Maloservizio
11. Il lutto della sposa
12. Il treno

go top