CANDITA VAZQUEZ …Y SU ORQUESTA CUBANA!


女性歌手カンディータ・バスケス(キューバ女性だそうですけど、どこの誰だかわかりませんな、カンディータ・バティスタと間違えて、ちぐはぐなこと書いてすみません…)の VENE-VOX盤LP アルバムとなりますが、それ以前のSP音源も含んでいる模様。それにしてもキュートな歌声!で、伴奏&制作をつとめているのは、1940年以降、べネズエラのトロピカル系ラテン・オルケスタの代表格として、楽団リーダーにして作曲編曲家のビジョ・フローメタ(1915年ドミニカ生まれ)が亡くなるまで第一線で活躍した名門、ビジョス・カラカス・ボーイズ(1988年にカラカスでビジョが亡くなり終演)!
もちろん、ジャケの白人女性がカンディータ・バスケスなんでしょうね。例によって曲順はシャッフルされています by VINTAGE MUSIC の謎…。

1.Regresó mi gallo (José Barros)
2.Pepe (Daniel Lemaitre)
3.Cumbanchero (Rafael Hernández)
4.La Zumbadora (Bienvenido Brens)
5.Ya me siento feliz (Pablo Pérez)
6.Cara sucia (Pacho Galán)
7.Así, así (José Urfé)
8.No seas caprichosa (Hilario Ariza)
9.Cerveza (M. Rogers)
10.Tu oportunidad (José Carbó Menéndez)
11.El relicario (Padilla)
12.La ameneca (Radhamés Reyes)

go top