AMALIA RODRIGUES / SOMEDAY


★アマリア・ロドリゲス/サムデイ~1965・ノーリー・パラマー・セッション
ファドの女王が取り組んだ英語曲レコーディング・セッションの全貌が 50年の時を経て遂に陽の目を見る!
〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲスの貴重な発掘音源集が登場した。アレン・ウルマンとのコンビでファドの芸術化・現代化を進める一方で、ポルトガル民謡の録音を始めた1965年に、アマリアはイギリスの音楽プロデューサー/コンダクターのノーリー・パラマーのもと、英語のミュージカル曲のレコーディング・セッションを行っていた。それらの音源は当時未発表に終わり、一部が84年に公式発売された。本作はその先に公開された楽曲に、これまで全く未発表だったファド曲の録音、さらに別テイクやリハーサルを収録して、そのセッションの全貌を明らかにする。アマリアの唯一無二の歌声で聴くミュージカル・ナンバーの数々と、パラマーのアレンジでまた異なる印象を与える定番ファド曲。アマリアの別の顔を知ることが出来る、ファンなら必聴の作品だ。 (メーカーインフォより)

1. All the Things You Are
2. The Nearness of You
3. Blue Moon
4. I Can’t Begin to Tell You
5. Who Will Buy
6. Long Ago & Far Away
7. Summertime
8. Can’t Help Lovin’Dat Man
9. Ai Mouraria
10. Solidão
11. Lisboa Antiga
12. Coimbra
13. Can’t Help Lovin’Dat Man (excerto)
14. Can’t Help Lovin’Dat Man (take alternativo)
15. Summertime (take alternativo)
16. Long Ago & Far Away (take alternativo)
17. The Man I Love (excerto)

go top