DONA ONETE / BANZEIRO


★ドナ・オネッチ/バンゼイロ
これは驚いた…人々を惹きつけ威厳と気力に満ちあふれた歌手だ!(The Guardian)
アマゾンの伝説的女性歌手が、生命力あふれる歌の数々を再び披露!
ブラジル・アマゾン川河口のパラー州にて活躍する女性シンガー・ソングライターのドナ・オネッチ。73歳のとき『カボクロの魔法』というアルバムでデビューし、その後欧米を中心に大きな喝采を浴びた。そして79歳となった2017年に、再び世界に向けて発表した2作目が本作だ。今回はクラーヴォ・カルボーノというエクスペリメンタル系ロックバンドのギタリストだったピオ・ロバートがプロデュースを担当し、よりプリミティヴでヴァイタリティ溢れるサウンドをここに構築。ブラジル、アフリカ、そしてカリブからの影響が絶妙に混じりあった混血音楽に、独自の感性を織り交ぜて誕生したカリンボー・シャメガードという音楽が、さらにダンサブルに発展。もうすぐ80歳を迎えるとはとても思えないほど若々しい歌声を思う存分楽しんでほしい。 (メーカー・インフォより)

スゴイ!時代を超越してますね、まるで、アマゾンのビッグ・ママ・ソーントン!21世紀このかた、もう、こういう歌声には出会えないかと思っていましたよ。ベレンではまだまだ、こういう歌声、聞けるんでしょうか?それともこの人だけ?…後者の可能性の方が高いんでしょうね、やっぱり。
ドッカーン!と、ただただ、もう、清濁併せ呑み、生きてあることを理屈抜きに全面肯定してくれるようなこの歌声、もう天然記念物!?

1. チピチ
2. バンゼイロ
3. ファセイラ
4. ピチウーの真ん中で
5. ケイモーゾ・エ・トレモーゾ
6. ジャシの月
7. 私のブレショーの心
8. キスの味
9. 虹の曲線
10. 幸福の条件
11. あなたと会ったとき
12. 10代の夢

go top