MELINA ASLANIDOU / ME FONAZOUNE ME TO MIKRO MOU


メリーナ・アスラニドゥ、1970年ドイツ、シュトゥットガルト生まれですが、育ったのはギリシャ西部に位置する古代マケドニアの中心地だったヤンニスタということです。オイ・アペンナティというグリークトラッド系バンドで活躍した後、2002年にソロデビュー・アルバムをリリース、以降、ダラーラスのツアーメンバーもつとめていましたが、同じくHEAVEN レーベルの看板、ハリス・アレクシーウを継ぐようなライカPOP女性歌手として活躍して来ました。こちら2年ぶりのスタジオ録音ソロ5作目で、全11曲収録、作詞作曲陣は以下の通り〜Giorgos Papadopoulos, Olga Vlachopoulou, Giannis Christodoulopoulos, Konstantinos Miliotakis, Revekka Roussi, Evi Droutsa〜ドラマティックな展開のグリーク・バラードや、メランコリーを秘めたグリーク・ロック調など、現地ヒット曲の並ぶ新作となっています。

go top