HERITIER WATANABE / BARRIERE D’WONNEUR, Retirada Vol.1


heritier-watanabe2016
13092228_1722735274672739_1729445728_n2016年コンゴで一番売れたアルバム〜CD&DVDセットで再入荷!オオッ、ナベさん新譜ですよ!ていうか、これまでライヴ盤しか出ていなかったエリティエール渡辺、スタジオ録音としては、初のちゃんとしたアルバムだそう。ウェンゲ・ムジカ・メゾンメール時代から人気急上昇、待望のファースト・ソロということになります。今、ファリー・イプパやフェラ・ゴラ、そしてファブレガスあたりに続く若手スタアはこの人、ということになるでしょう。>ロス・バルバドスのダイスケさんによれば、長らくキンシャサで、一番スタジオ新録が望まれていたのはこの男、とのこと。で、なんで、ワタナベなのか?って、ま、以前からスズキとかホンダとか、ハラダとか(そんなのいない!)そーいう名前の歌手がコンゴにはいましたから特に意味はないんじゃないかと。まさか、ルンバの熱狂的なファンが日本に約53人ぐらいいるから(当店調べ)、というわけじゃあないと思いますよ…(なんて、いい加減なこと言ってたら、バルバドス女将さんから「エリチエール・ワタナベの渡辺は、コムデギャルソンのデザイナーJUNYA WATANABEに由来します」との情報いただきました、感謝!)。
特に新しいことを演っているわけでもないのに、生ギター使いのオーソドックスかつロマンティックなナンバー or イケイケのンドンボロの並びの中にも、どこか新鮮なムードが漂うのは、やはりそのメロウで瑞々しい歌声、張りのあるヴォイス畳み掛けの歯切れよさ〜つまり歌い口の斬新さから、あるいは、よくよく聞くと曲ごとに見られる一味違うリズム処理のデリケートさ、あたりから来ているのではないかと思われますが、ま、何にしろ、活気あるコンゴ音楽シーンからまた一枚、フレッシュな充実アルバムが届いたことは事実です。

go top