JAMALA / ALL OR NOTHING


JAMALA-ALL-OR-NOTHING今年のユーロヴィジョン・ウクライナ代表!
ユーロヴィジョン2016のウクライナ代表は、タタール人とアルメニア人の血を受け継いでいる歌手のジャマラ。本作は2013年リリースのセカンド・アルバム。彼女はソウル・ミュージックやジャズ、ファンクの要素を強く押し出している点で、他のウクライナの人気シンガー達と一線を画す存在です。生楽器主体の幅広いサウンドを展開していますが、ピアノの弾き語りや、ファンキーなバンドをバックにした、適度に塩辛い歌声は、ソウル・ファンを始めとして幅広くアピールするはず。多くの曲が英語詞ですが、ロシア語とタタール語でも歌っています。(サプライヤーインフォより)

go top