PIETRA MONTECORVINO / ESAGERATA


pietra-montecorvino2014南イタリアのディープな女性歌手兼女優、ピエトラ・モンテコルヴィーノの2014年ソロ作/5年ぶり8作目が入荷しています!もう、怖い!と言っても過言ではないご容姿になって来ましたが、歌声の方もコクがあると言うか、コクがアリ過ぎると言うか、ほんと、こういう女性歌手の存在を絶賛受け入れ状態のナポリ人の美意識のあり方というものがよくわからない、ということはあるかも知れなくて、が、それだけに一度その世界を受け入れてしまうと、クセになりまくる、ということも儘あることでしょう。
全11曲のうち、歌手兼俳優兼映画監督のレンゾ・アルボーレによるピエトラ・デビュー映画となった “FF.SS. /  Federico Fellini Sud Story. Cioe:…che mi hai portato a fare sopra a posillipo se non mi vuoi piu bene?” (長いタイトル!)の挿入歌 “Sud”(”南”の意。映画の中でピエトラ自身が歌ったヒット曲を30年ぶりにリメイク)と、シャンソン左岸派バルバラの曲以外の9曲がオリジナル…。
もちろん、お約束のエウジェニオ・ベンナートも1曲デュオ、ほかSandro Joyeuxと Raizが参加。レゲエ・アレンジが多めですが、〜もうナポリ系ディープ歌謡王道にして行き過ぎ、ピエトラならではの地中海的潮枯れカスレ・ヴォイスのオンパレード、アルバム、ということで、ナポリフェチの方におきましてはたまらない展開でしょうね。ダメな方には全然ダメ、でしょうけど。
>試聴可!?

go top