AKSAN SJUMAN & THE COMMITTEE OF THE FEST / REALITAS KHAYAL


aksun-sjumanお洒落ポップ・バンドのポートレート(ポトレット)のドラマーであり俳優でもあるアクサン・スジュマンがジャズ・フェス等で度々ライヴを披露していたプロジェクト、ザ・コミッティー・オブ・ザ・フェスト。2007年にレコーディングされていた唯一のスタジオ・レコーディングが彼ら名義の初作として今年3月に発売されました。これが凄い事になってます!
ヘヴィなツイン・ギターのサイケ・ガレージからエレクトリック・マイルスや『Red』期クリムゾンを彷彿とさせるポリリズミックなジャズまでを行き交い陰鬱な女性ヴォーカルが乗る、かなり即興性の高い作品です。メンバーはそれぞれその筋で名の知られた強者ばかり。中でもヴォーカルのカルティカ・ ジャジャはティカ&ザ・ディシデンツというバンドで人気を集め「インドネシア最高のインディー・ソロイスト」と書かれた事もある実力派。ギターはアンディエンのプロデューサーのニキタ・ドンパスと、正統派ジャズ・ギタリストのダイアン・ ジャナプリア。キーボードのメリー・カシマンとベースのインドラ・ ペルカサもそれぞれ自身の名を冠にしたグループを率いてクロスオーバーな活動をしています。サイケの隠れた名盤のようなジャケットも伊達じゃない濃厚な一品です。(サプライヤーインフォより)
>試聴可!?

go top