SILVA GRACIANA ” NEGRA” / MOLIENDO CAFE AUX PORTALES


s10191656シルバ・グラシアーナはメキシコ南東部のベラクルース出身のアルパ(ハープ)奏者。同地はスペイン侵略の入口となり、最もスペイン化した地域でもあり、この地域に住む人々はハローチョと呼ばれ、独自の文化を形成しています。そんな界隈のカフェで歌っていたシルバは60歳を過ぎてからその才を見い出され、1992年にファースト・アルバムを発表~その後、ヨーロッパ・ツアーなどに出かけ、国際的な名声を得ることになりました。そんな彼女が歌うのはハローチョ達のソン(ソング)=ソン・ハローチョと呼ばれる民謡。ここではそのスペインのメロディの影響が強い美しいハチロク系リズムのソン・ハローチョの古典から「コーヒー・ルンバ」などラテンのスタンダードも、味わい深く聞かせてくれます。

go top