CARLOS GONCALVES / A ESSENCIA DA GUITARRA PORTUGUESA


carlos-goncalvesアマリア・ロドリゲスの伴奏を務めた男が誘うポルトガル・ギターの魅力!
ポルトガル音楽ファドのサウンドの中心を握る弦楽器といえばポルトガル・ギター。そしてその名手のひとりカルロス・ゴンサルヴェスのインスト演 奏を収録したアルバムが本作だ。カルロス・ゴンサルヴェスは50年代から活躍。60年代後半から長い期間に渡って女王アマリア・ロドリゲスの専属ギタリス トとして活動をともにした。このアルバムはそんな彼の初ソロ・アルバム。自作に加え、伝説の名手アルマンディーニョなど、ポルトガル・ギターの歴史的な演 奏家たちが残した名作の数々を披露してくれている。BGMとしても楽しめ、よく聞くと渋くも深い味わいをたたえたすばらしい内容の一枚だ。


△参考

go top