RIVIERE NOIRE / S/T


RIVIERE-NOIRE250オルランド・モライス(ヴォーカル、作詞曲。ブラジル、ゴイアナ出身。1990 年から母国でアルバムを発表していて、2000 年代には FM でのオンエア度がかなり高かったと資料 にあり)。パスカル・ダナエ(ヴォーカル、ギター。グアドループ島の血を引くフランス人。2007 年にフォーク系のソロアルバムを発表しています。ジルベルト・ジル、ローラン・ヴールズィ、 マニュ・カッチェなどのバックミュージシャン)。そして3人めがジャン・ラムート(ベース、プロデュース。ブルターニュ生れのフランス人、アフリカ育ち。帰国後 DJ、サウンドエンジニアを経て、プロデューサーに。アラン・バシュング、ノワール・デジール、サリフ・ケイタ、ラファエルなどをプロデュース)。3人を結ぶ絆はやっぱりアフリカなんですね。マリでの滞在にインスパイアされ たファーストアルバム。トリオ名「リヴィエール・ノワール」とは「黒い川」の意味。1月 24 日。テレラマ誌 ffff 絶賛。(エクスポーター資料より)
ブラジル、グアドループ、西アフリカ、複数の趣きの異なる歌手が一つの曲の上でそれぞれの持ち味で歌い合う、その共通項はアフリカ。たしかに都会を流れる黒い川のイメージです。


go top