山下聖子 / ハルカナ


yamashita-seiko2001年の「琉球フェスティバル」に貴島康男と共に出演し、抑制のきいた龍郷マナーの唱法で熱心な島唄ファンを唸らせた奄美島唄界の若手実力者、山下聖子のアルバム。
本作はジャバラのサブレーベル「ワイルドフラワー」から奄美限定で発売されていたCD『行きゅんにゃ加那』をタイトル、ジャケットを改めてリリースしたもの。
録音は99年12月、彼女の師である龍郷出身の唄者・阿世知幸雄が三線を担当、これに西俊子の囃しがつくだけのオーセンティックな島唄スタイル。龍郷地方の島唄は、音楽的には笠利と同じ北部に属しながら、笠利唄とはまた一味違う優雅でゆったりした趣きを内包しています。淡々とした三線のリズムに揺れながら歌う山下聖子、18歳のヴァージン・ヴォイスをお楽しみ下さい。 (メーカー資料より)

1. あさばな節
2. 黒だんど
3. 糸繰り節
4. 上がれ陽ぬ春加那
5. あんちゃんな節
6. ヨイスラ節
7. らんかん橋
8. 行きゅんにゃ加那
9. 長雲節
10. 請くま慢女節

go top