MAGNIFICO / MAGNIFICATION


★マグニフィコ /マグニフィケーション

スロベニアのトップスターの一人、マグニフィコことRobert Pesut のニューアルバム!92年にデビューアルバムを発売以来~10作目となる本作/バルカン・ブラスにロック&ラテン・ファンク&クラブ・ミュージックなどの要素を織り交ぜ、多彩な楽曲を展開!バルセロナ周辺のスカ&パンクなナンバーから、レトロ&キャッチーなロックンロール、カントリー・ウェスタンまで、アルバムを通して飽きさせない作りになっています!そのどれもがマグニフィコのしゃがれた声とバルカンのもつ独特の哀愁やリズム感を通して描き出されているわけです。

以下、メーカーインフォより〜
●スロベニアのトップスターの一人、マグニフィコことRobert Pesutのニューアルバムです。1992年にデビューアルバムを発売した彼が、今までに発売したアルバムは、計9枚。スロベニア/クロアチアのポピュラー音楽の最大手のレコード会社“メナルト・レコーズ”からも2枚のアルバムを発表しています。スロベニアがユーゴスラビアからの独立を果たしたのが1991年ということを鑑みれば、よほどのトップスターだと言えるでしょう。また、俳優としても活動。日本でも紹介されたスロベニアの監督フランコ・ジュリッチ(2001年カンヌ映画祭脚本賞受賞)の作品『チーズとジャム』など、4本の映画にも出演しています。
●バルカン・ブラスにロック、ラテン・ファンク、クラブ・ミュージックなどの音楽を織り交ぜた、様々な楽曲を展開。この作品でも、バルセロナ周辺のスカ/パンクな楽曲から、60/70年代のようなキャッチーなロックンロール、カントリーっぽい楽曲まで、アルバムを通して飽きさせない作りになっています。そのどれもがマグニフィコのしゃがれた声とバルカンのもつ独特の哀愁やリズム感を通して描き出されます。
●同じバルカン系のアーティスト、ゴラン・ブレコヴィッチのスター性やキャッチーさ、シャンテルやバルカン・ビート・ボックスの他の音楽を取り込み、昇華する柔軟性などサウンド作りには共通項もうかがえます。バルカン・ブラスのいなたさではなく、キャッチーな部分に焦点を当てた彼の楽曲に、バルカン好きもロック好きもクラブ好きも…音楽が好きなら自然に身体が動いてしまうことでしょう。
※日本語解説付(サラーム 海上)※日本語解説付(大石 始)

1. Zum Zum
2. iThink
3. Bosangero Nero
4. Ubicu Te
5. Emily
6. Pismu Kumu (Rambo Rambo)
7. Avanti Popolo
8. Giv Mi Mani
9. Did You (Did U)
10. Ljuba
11. Amore
12. Hidee Hi Hidee Ho
13. The Land Of Champions
14. Hir Ai Kam, Hir Ai Go

go top