MARTINHO DA VILA E SEUS / NEM TODO CRIOLO E DOIDO


martinho1st歌手歴45年以上を誇る超ベテラン・サンバ歌手マルチーニョ・ダ・ヴィーラは1938年リオ・デ・ジャネイロ生まれ。貧しいファヴェーラ(ゲットー)で少年時代を過ごし、後にサンバチームのヴィラ・イザベルに所属して活躍するようになりました。以後、リオのサンバ・シーンの中心的存在として活躍していることは、ブラジル音楽ファンであればご存知のとおり。また娘のマルチナーリアも第一線で音楽活動していることでもよく知られています。
そんなマルチーニョ・ダ・ヴィーラの記念すべきファースト・アルバムが、数々の復刻盤をリリースしてきたジスコベルタスから登場しました。本作の録音は1968年で、マルチーニョが中心となって、彼の仲間たちを集めて制作されたものです。ここでマルチーニョがメイン・ヴォーカルを取っているのは4曲で、現在でも彼の大切なレパートリの「Pra Que Dinheiro?」の初録音も冒頭に収録されています。もちろんパーカッションとカヴァキーニョをメインにしたコミュニティ・サンバらしいアレンジが中心で、当時30歳のマルチーニョのハツラツとしたヴォーカルが楽しめる作品です。
サンバ・ファンなら絶対持っていてほしいアルバム。(byメーカーインフォ)
>http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2013-05-30 無断リンクすみません!

go top