KAILASH KHER / KAILASA


kailash この髪型…麻原?ではありませんのでご安心を。数々のボリウッド映画やミディヴァル・パンディッツに参加している、インド人若手カッワーリー歌手カイラーシュ・ケールの初ソロアルバムはボンベイの若いギタリスト、ベーシストと組んだバンド形式。ポップ・カッワーリーとでも呼びたい珍しい音です。本格的なインド古典楽器編成もなかなかですが、フォーキー&ロッキンなカッワーリーは意外にも爽やか!
 元々、デリーにおいて北インド古典声楽を志していたそうですが、ヌスラットに衝撃を受け、独学でスーフィー/カッワリー系ヴォーカル・テクニックも習得~しかし、北インド古典音楽界の世襲の壁に阻まれ、声楽家として生きることを一旦断念、ボンベイに移り住んだそうです。が、一時は路上生活を余儀なくされるほど不遇をかこっていたとのこと、けれど、その希に見る歌唱力において、ボリウッド系プレイバック歌手として頭角を顕し成功を収めスターとなったカイラシュ・ケールの記念すべきファースト・アルバムにして最高傑作(と、正直に言うべきでしょう!?)。



go top