GILAD ATZMON & THE ORIENT HOUSE ENSEMBLE / SONGS OF THE METROPOLIS


giladスラエル出身イギリス在住のマルチ・リード奏者新作〜2004年に独エンヤ・レーベルから、あのロバート・ワイアットとの共演盤『ムジーク』が大きな話題となったイスラエル出身のマルチ・リード奏者ジラッド・アツモン、現在はパレスティナに対する母国の態度を非難してイギリスを拠点にしているそう。このジ・オリエント・ハウス・アンサンブルでは、アコーディオンやフェンダー・ローズ、またハルモニウムといった鍵盤楽器を加えて、ジャズにとどまらず中近東音楽の要素を入れ込んだ独自のサウンドを追究してきました。本作ではパリ、ブエノス・アイレス、ウィーンといった世界中のメトロポリス(大都市)をテーマにした演奏が並びます。

go top