KOBO TOWN / JUMBIE IN THE JUKEBOX


cobotownコボ・タウントリニダードの首都ポート・オヴ・スペイン周辺の海岸沿いについた古いニックネイム。ヴォーカルや作詞作曲を担当する中心人物、ドリュー・ゴンサルヴェスはポート・オヴ・スペインので生まれ、13歳の時、カナダに移住します。しかし、彼はカナダに馴染めず、機会を見つけてはトリニダードを行き来する青春を送りトリニダード音楽にも親しみました。
 そして2004年にコボ・タウンを結成。メンバーにはトリニダード、スロヴェニア、ジャマイカ、中国系インドネシアなどなどさまざまルーツをもつメンバー。そんなメンバーでくり出すサウンドはカリプソを中心にしながらレゲエ(ダブ)やズークなどのカリブ音楽を取り入れ、ニュー・カリプソともいうべき独自のもの。そんなサウンドを詰め込んだファースト・アルバム(2007年発表)はじわじわと口コミで広がり最終的にはヨーロッパにまで伝わって、同地域でツアーを行なうまでになりました。それから5年、ついにリリースされたのがこちらの作品。今回はベリーズのガリフーナ音楽を世界中に知らしめたプロデューサー、イヴァン・ドゥーランがプロデュースを担当。さらに地に足のついた汎カリブ音楽的な生音カリプソを聴かせています。

http://www.kobotown.com/

go top