BILLY BLANCO & RADAMESGNATALI / DOUTORES EM SAMBA


billy-branco12トン・ジョビンがボサの創成に向けて新しい方向性を持つキッカケになった曲「リオ・デ・ジャネイロ交響曲」(54年)の共作者として知られる作曲家、ビリー・ブランコが、ボサ第1号作品「シェガ・ジ・サウダージ」をジョアン・ジルベルトが発表した年と同じ1958年に残した裏ボサノーヴァ第一号とも言えそうなプレボサの歴史的録音が、久々にリイシューされました。本来この録音は当時の人気歌手パウロ・マルケースのアルバム録音のためにブランコ自身が仮歌を付けたものだったデモ録音だったそうですが、それがあまりにも素晴らしかったため、後年になってアルバムとして発売されたという経緯があります。伴奏はマエストロ / ピアニストとして知られたラダメース・ニャターリ率いる楽団で、シキーニョ・ド・アコルジオン / ゼ・ミニージスほか、当時のブラジル音楽の最高のミュージシャンたちが集合しています。まさにボサノーヴァ誕生前夜らしい、粋でお洒落な演奏を楽しませてくれる至極の1枚!最高です!個人的には一番好きなボサ・アルバム~フィーリン・ファンにもオススメしましょう!


go top