DINI / SOMETIMES、BITTER IS SWEETER, TO TASTE


diniフォーク・ギターを片手に、様々な音楽スタイルを取り込んだオリジナル・サウンドを作り出す才女、ディニ(・ブジャユ)。もちろん作詞作曲をこなし、さらに本作ではプロデューサーとしてもその手腕を発揮しています。そんな彼女の作り出すのは、フォーキーなポップスから、ボサ・ノーヴァ・テイストのもの、さらにブルージーなものまでと実に多彩。そしてそのマロヤかかつジャジーな歌声からは、アーティスティックな香りがプンプンと漂ってきます。英語&インドネシア語を絶妙に使い分け、独自の音楽感を披露するあたりも今時のSSWという感じ。まさにインドネシアのノラ・ジョーンズといって相応しいくらいの逸材と言えそうです!

go top