ASLIHAN ERKISI / NEVESER KOKDES SARKILARI


久々の再入荷!才色兼備のトルコ本格派女性歌手、その後、キッズ・ミュージックの方向へ行ってしまったようで、サナートPOP系アルバムがないのが残念ですね…

流石、レコオヤジさんのリクエスト作品ですね。ミネ・ゲチェリに続いて、トルコ20世紀前半歌謡の女流作曲家であり歌い手だった、ネヴェセル・キョクデシュ・シャルクラルの作品を取り上げ、ノスタルジックかつ優美に歌い綴った2011年の企画盤~柔らかなトルコの弦の交わりを背に、耽美的と言ってもいい、そよ風に揺れるようなメリスマを、静謐なムード中に紡いで聞かせるアスルハン・エルキシ、ジャケに見るとおり、透き通るような美人です。古き良き半ば古典的なトルコ歌謡の旋律が瑞々しく薫る充実作です。1978年にドイツで生まれた才媛、アスルハン嬢、00年代にはイスタンブールで古典的な声楽を学んでいたそうです。独向けのララバイ・アルバムでデビューし、これが3作目かと思います。

 

go top