SILVIA IRIONDO / OJOS NEGROS


silvia-iriondo0770年代から歌い始め、“アルゼンチン音響派”周辺アーティストにも慕われるフォルクローレ系ヴェテラン女性SSW~前作はエグベルト・ジスモンチと共同プロデュース、ECMよりリリースされました。今作には、キーボードのモノ・フォンタナ、マリンバ/バイブ奏者のマルコス・カベサスはじめ、アルゼンチンのさまざまな音楽家たちが集いシルビアを盛り立てています。マリンバの響き、子供のコーラスに包まれたシルビアの透明なヴォイスが、未知のフォークロア?を聴かせます。

http://elsurrecords.com/wp/wp-admin/post-new.php

go top