AMAL HIJAZI / WAYLAK MIN ALLAH


アラブ女性歌手も次々とフォトショップ美人化が進んでいますが、レバノンのアマル・ヒジャジも久々の新作で年齢不詳となりました。トリップホップ、ハウス、シャカポコ・シャアビ、スローバラード、正統アラブ歌謡となんでもありのシャバービー・アルバムながら、ナンシーともアンガームとも異なる都会のデカダンスがねっとりと漂ってます。「アマルの夢は夜開く」とでも言いましょうか?ベイルートに行くとアマル似の女将がカラオケマイク握ってくれるスナックがあるんじゃないか、そう錯覚させてくれる一枚です。相変わらず、オヤジ泣かせです~内容は。でもこのジャケ、もう少し何とかならなかったものか…。美人なのになあ、もったいない。これじゃ東宝特撮の宇宙人役・水野久美です(って、水野久美も美人ですが、って、誰も知らないか…)。

go top