AISHAH / ANAK


1990年代のワールド・ミュージック・ブームの頃にここ日本でも大きくプロモートされ、93年には久保田麻琴プロデュース作で日本デビューも果たしたマレイ歌謡の女王アイシャ。その後伝統系の歌を中心に活動するようになった彼女の2010年最新作がこちらです。タイトルの『アナック』とは子供のことで、彼女の二人の息子さんに捧げた内容の模様。曲によっては宗教色の強いものもあって、ムスリムの彼女らしい作品と言えるでしょう。顔は少しふっくらしましたが、歌声は往年のそれと全く変わり有りません。

go top