CRIOLO / NA ORELHA


あのカエターノも絶賛した新たなブラジルの才能が、このクリオーロ。サンパウロのファヴェーラ(スラム街)で育った彼は、十代初頭にラッパーを目指し、成人してからは教師をしながら地道に活動を展開。三十代になってデビュー・アルバムを発表すると同時に、大人気となったヒップ・ホップ・イヴェントを立ち上げ、地元のシーンの絶大な信頼を得てきたそう。そんなクリオーロがナソーン・ズンビーも手がけたプロデューサーらと組み、ヒップ・ホップにこだわらないポップなアルバムを制作。瞬く間にブラジル国内で大ヒットしたのが本作。アフロビート、レゲエ、ジャズ、サンバなど多彩な影響を感じさせるトラックに、クリオーロの渋みを感じさせるラップ/歌を聴かせてくれます!

go top