CEU / CARAVANA SEREIA BLOOM


カエターノ・ベローゾをして「ブラジル音楽の未来」と言わしめた美貌の実力派歌手、セウのソロ第3作目。今作 は、ミクスチャー且つサイケデリックなフレイヴァーを散りばめた斬新なサウンドを展開している。ソナンチスの一員だった作曲家/アレンジャーのグイ・アマ ビスを牽引役に、トロピカリア・サウンド、ブラジル北東部、そしてレゲエなど多彩なサウンドを散りばめて、最後まで一気に聴かせてしまう内容となってい る。剥き出しのオルガンとギターに可憐な歌声が融合した(1)、凝ったアレンジも楽しいレゲエ(3)、ハスキーな歌声に魅了される(4)、北東部のリズム も入るグルーヴィーな(6)、伝説のサンビスタ、ネルソン・カヴァキーニョのカヴァー(7)、ナサォン・ズンビのヴォーカリスト、ジョルジ・ドゥ・ペイ シェのペンによる(13)などナイス・トラックが満載!

go top