SAVINA YANNATOU & PRIMAVERA EN SALONICO / VIRGIN MARIES OF THE WORLD


1959年アテネ生まれ、ロンドン留学を経てマノス・ハジダキス門下としてデビューした女性歌手、サヴィーナ・ヤナトゥとそのグループ、プリマヴェーラ・エン・サローニコ(=テサロニキの春〜古い名でサローニコはテッサロニキの意)1994年作!ヤナトゥ& プリマヴェーラ・エン・サローニコ名義では3作目となります(メンバーはサヴィーナ以外、流動的ですが、2015年までにサローニコ名義で9作の連作)。
いつものように、というべきか、デモーティカやヴィザンティン音楽といった伝統音楽の解釈が斬新ですね、そして静謐です。やがて、ECMと契約するのもわかりますね…、

1. AH MON DIE
2. U LAMENTU DI GHJIESU
3. MADONNA DE LA GRAZIA
4. VORSKAN AHPER
5. ORGANIKO ARMENIKO
6. PLANCTUS ANTE NESCIA
7. COMO PODEN PER SAS CULPAS
8. SIMERON MAVROS OURANOS
9. CHRISTO JESUS [LA CRUZ]
10. AGNUS DEI
11. SAETA POR CARCELERA
12. TARA AT AMAMA SALIBI
13. ROSA DA ROSAS
14. ARHONTES AFOUGRASTE MOU
15. AVE MARIA DEUS TI SALVET MARIA
16. PASSIUNA
17. VIRGJER ADHIJITRIE
18. O GLYKI MOY ERA

go top