桃山晴衣 / 梁塵秘抄の世界 2


momoyama2008年に69歳
で亡くなった三味線シンガーソングライター桃山晴衣の2000年作。

「梁塵秘抄」は後白河法皇撰による、いまだかつてみられないほどの偉業ともいえる歌謡­集成であり、歌詞篇十四巻と、伝系、唱歌法など口伝を記述した十巻と、合わせて全二十­巻から成っている。歌謡史上の黄金時代であった平安末期、大衆の間に最も広く行われた­「今様」諸歌謡を集めた「梁塵秘抄」は、これらが中世諸歌謡の源泉であることを私たち­に告げてくれる。紫式部日記や枕草子、兼好の徒然草などに語られていながら、まぼろし­の書であった梁塵秘抄は明治四十四年、その一部が発見され、大正元年佐々木信綱の手に­より単行本として出版された。これによって現存は、歌詞篇巻第一と第二、口伝集第一と­第十。それと現本に存在したかどうかわからない、後に関連資料として追加されたと思わ­れる口伝集第十一巻から第十四巻がある。     桃山晴衣「梁塵秘抄について」より

go top