大工哲弘,大工苗子&スカル・トゥンジュン / ガムラン・ユンタ


gamlan-yunta-daikuSKETCHES OF AKABANA. 琉球・八重山歌謡とバリ島・ガムランの運命的な出会い。 二つの音は共鳴して風の言葉のように鳴り渡り鳴り響く。
琉球八重山民謡の第一人者、大工哲弘がバリ島・ガムラン楽団、スカル・トゥンジュンの協力を得て録音された島うたとガムラン、夢のコラボレーション。琉球民謡とガムラン。旋律等、よく類似を指摘されるふたつの音楽が共演は意外と稀であり、音源となると皆無に等しいのではないか。「黒潮文化」におけるセ?ションバトルなどというといかにも仰々しい。むしろ、バリ島の民家での共演を収めた本作には気負ったところは微塵もなく、両者ともに自然体、それぞれの文化に敬意を払い、たがいの音楽を心からたのしんでいるようだ。両者の間を通るさわやかな風の音まで聴こえてくる演奏はまさに至福の時間だ。

go top