AMEPHONE feat. AYA-COLLETTE & KOWUN-RYUSUI / SPRING THUNDER

中央線沿線発~アジア広域で着実な活動を続ける宅録派&環境音蒐集か&音響作家=アメフォンの制作になる/アヤコレット、行雲流水をフィーチュアーした近作ミニ・アルバム~当店でも扱うことになりました。アヴァンギャルドなたたずまいとは裏腹に、古今さまざまな民俗音楽、古典音楽、ポピュラー音楽にインスパイアされた曲想が、フリーフォームな演奏を通して、どこかノスタルジックに …

続きを読む>

AMEPHONE / ESQUISSE 3/3

<世界中の様々な地域、時代の音を散りばめながらいま現代の東京でしか生まれえない音楽。アメフォン総指揮のもとアヤコレット、行雲流水…20余名に及ぶ音楽冒険者たちの織り成す一大音楽絵巻となった。本作「ESQUISSE 3/3」はシリーズ三部作の完結編(2003年リリース)にふさわしいエスノポップセンスあふれるうたごころとコンセプチュアルな音の実験が大胆かつ繊細に …

続きを読む>

MAKI NAKANO STEPHANE TSAPIS / 四つの手とひとつの口のための音楽

即興という方法で様々なミュージシャンと交わるユニット~欧州、アフリカ、中東、日本を中心に活動する「Ky」主宰、サックス奏者 / 歌い手の仲野麻紀が、今作では仏系ギリシャ人ピアニスト、ステファン・ツァピスとのデュオを聴かせます。静謐なピアノと瑞々しいアルト&クラ、ヴォイスが、互いのフォークロアをどこかメランコリックに紡ぎ出します。 http://kyweb.f …

続きを読む>

ZEBDA / ESSENCE ORDINAIRE

フランス~トゥールーズの人気グループ=在仏アルジェリアン二世によるユニットの1998年作、再入荷です。圧倒的にリリックの評価が高いラップ&ヴォーカル=アラビック・ユニットですが、そのメッセージ性はともかくとして、ヒネリの効いた音作り~ポップとも言えそうな、アラビックな要素のミクスチュアーぶりにも、注目したいところですね。惜しまれつつも解散状態のゼブダですが( …

続きを読む>

ZEBDA / UTOPIE D’OCCASE

フランス=トゥールーズの在仏アルジェリアン二世による~アラビック・ラガ&ラップ&ミクスチュアー・ユニットの、2002年最近作再入荷!人気盤だった98年作に較べて、よりポップ、ストレートでしょうか?ジプシー風ギター、アコーディオンも多用され、そこはかとない地中海風味が全編に漂い、ヘヴィーなトラックにも哀愁を添えます。ラガ色がやや濃くなって~グナワ・ディフュージ …

続きを読む>

ACQUARAGIA DROM / ROM KAFFE

●ヴォーカル、ギター、クラリネット、ツィンバロム、バイオリンを操る五人組として、サルタレッロ(13世紀のナポリで流行ったダンス)、タランテッラ、タムリアテス(フォークダンス)といったイタリアのロマ・コミュニティにも古くから伝わるスタイルを取り入れ演奏。と同時に、最近のジプシー・キャラバンの新しいグルーヴ/リズムも追求。●今作は彼らのスタイルにふさわしい豪華ゲ …

続きを読む>

UKANDANZ / YETCHALAL -ETHIO SONIC

国内リリースです!〜ドスコイ!快調ですなあ、エスノソニック・レーベル!またまたメチャメチャかっこいいエチオグルーヴ・バンドの登場ですよ。エチオソニック主催フランシス・ファルセトのバックアップで実現した~4人のフレンチ・ジャズメンのガレージ・プロジェクトに、アディスの実力トップ男性シンガー、アスナケ・ゲブレイエスが合体したエチオグルーヴの未来形、その名も“ユー …

続きを読む>

ZINA / AFREEQUE

イタリアの奇才チェザーレ・デッランナ主催のマグレブ/地中海系ユニット=ジィーナのセカンドが届きました!またまた謎めいたジャケットですねえ、ピストルにブラシがついてます…。で、この09年作でもモロッコ、パレスチナ、チュニジアと北アフリカ/アラブ系のシンガー&ミュージシャンを中心にした音作りがされているわけですが、う~ん何というか、良かった頃のシンク …

続きを読む>

CQMD / SHOOT THE FREAK

フランス最強のブラスバンド!CQMD(CEUX QUI MARCHENT DEBOUT スー・キ・マルシュ・ドブー)11年新作です。イエローマン、フェミ・クティ、フィッシュボーンのアンジェロ・ムーアら多彩&豪華ゲスト・ヴォーカル参加!P-FUNKあり、アフロビートあり、ルーツレゲエあり、スパイ映画サントラ風あり~その全てにおいてフランスらしいハーブ~スパイス …

続きを読む>

RUMBAMAZIGHA

ルンバ+マグレブ!?バルセロナらしいミクスチャー・ルンバ・カタラーナ、ルンバマシーハ。いきなり手拍子(パルマ)とアルジェリアのグナワやライ風のかけ声、リズムはカホンといった曲が飛び出します。しかし、ルンバ・カタラーナの本拠地であり、マグレブ系の移民も多いこの街では自然な混ざり具合なんでしょう。ストリートのセッションから産まれたであろうグルーヴある楽曲。フラメ …

続きを読む>

OWINY SIGOMA BAND

Gorillazのバンド・メンバーで、エルモア・ジャッド名義でも知られるジェシー・ハケットが集ったロンドンのミュージシャン達が、ケニアのナイロビに訪れ、現地のミュージシャン達とレコーディングした~異文化交流作品?オブスキュア&エレクトロなロンドンサイドの音楽性に、現地伝来のハープ型弦楽器ニャティティや各種パーカッションが絡み独特のダンス・ミュージックを創出! …

続きを読む>

LA KINKY BEAT / ONE MORE TIME

『バルセロナ・ラバル・セッションズ2』にもピックアップされているミクスチャー・ロック・バンド、ラ・キンキー・ビートによる2006年のオリジナル・セカンド作が登場です。女性シンガーのマタハリをメイン・ヴォーカルに、スペイン語/英語のバイリンガルなリリックを構成し、レゲエ~ロックステディ、ダブ、ヒップホップ、パンク、ポスト・ロック、さらに新加入のイタリア人DJ、 …

続きを読む>

SARAZINO / EVERYDAY SALAMA

アルジェリアで生まれ、ヨーロッパ~アフリカ各地の文化・音楽を吸収し、現在は南米エクァドールを拠点に活動しているマルティカルチュラルな音楽家がサラジーノだ。2010年にクンバンチャから『ヤ・ホイ!』で世界デビューを果たした彼が2012年にリリースした最新作~前作同様、レゲエのビートを中心に、ラテン音楽やアフリカ音楽からの音楽的要素を取り入れたミクスチャー系サウ …

続きを読む>

SOSALA / NU WORLD TRASH

サダトです。イラン人の両親のもと、ドイツで育ち、1974年、未だ若くして日本へ渡り剣道を学び、程なくして音楽活動を開始。後年、欧州盤CDディストリビューター “POP BIZ” 社主もつとめたサキソフォニスト=ソーラブ・サダトが、08年に突然NYへ移住してから4年~その4年間の成果がここに届きました。現在、オーネット・コールマンとリハ …

続きを読む>

OKI meets MISAKO OSHIRO / 北と南

沖縄民謡の大御所 / 大ヴェテラン女性歌手とアイヌ音楽の改革者OKIによる共演作で、OKIオリジナルの2曲を除けば、トンコリが大城の三線弾き語りに歩み寄り、一つの歌を結んでいますね。プロデューサー、あるいは器楽奏者としてのOKIの柔軟さは引き立ちますが、どこに共演の必然性があるのかはわからない、ということはあります。が、しかし、その、必然性のないままに北と南 …

続きを読む>

go top