CQMD / SHOOT THE FREAK

フランス最強のブラスバンド!CQMD(CEUX QUI MARCHENT DEBOUT スー・キ・マルシュ・ドブー)11年新作です。イエローマン、フェミ・クティ、フィッシュボーンのアンジェロ・ムーアら多彩&豪華ゲスト・ヴォーカル参加!P-FUNKあり、アフロビートあり、ルーツレゲエあり、スパイ映画サントラ風あり~その全てにおいてフランスらしいハーブ~スパイス …

続きを読む>

RUMBAMAZIGHA

ルンバ+マグレブ!?バルセロナらしいミクスチャー・ルンバ・カタラーナ、ルンバマシーハ。いきなり手拍子(パルマ)とアルジェリアのグナワやライ風のかけ声、リズムはカホンといった曲が飛び出します。しかし、ルンバ・カタラーナの本拠地であり、マグレブ系の移民も多いこの街では自然な混ざり具合なんでしょう。ストリートのセッションから産まれたであろうグルーヴある楽曲。フラメ …

続きを読む>

OWINY SIGOMA BAND

Gorillazのバンド・メンバーで、エルモア・ジャッド名義でも知られるジェシー・ハケットが集ったロンドンのミュージシャン達が、ケニアのナイロビに訪れ、現地のミュージシャン達とレコーディングした~異文化交流作品?オブスキュア&エレクトロなロンドンサイドの音楽性に、現地伝来のハープ型弦楽器ニャティティや各種パーカッションが絡み独特のダンス・ミュージックを創出! …

続きを読む>

LA KINKY BEAT / ONE MORE TIME

『バルセロナ・ラバル・セッションズ2』にもピックアップされているミクスチャー・ロック・バンド、ラ・キンキー・ビートによる2006年のオリジナル・セカンド作が登場です。女性シンガーのマタハリをメイン・ヴォーカルに、スペイン語/英語のバイリンガルなリリックを構成し、レゲエ~ロックステディ、ダブ、ヒップホップ、パンク、ポスト・ロック、さらに新加入のイタリア人DJ、 …

続きを読む>

SARAZINO / EVERYDAY SALAMA

アルジェリアで生まれ、ヨーロッパ~アフリカ各地の文化・音楽を吸収し、現在は南米エクァドールを拠点に活動しているマルティカルチュラルな音楽家がサラジーノだ。2010年にクンバンチャから『ヤ・ホイ!』で世界デビューを果たした彼が2012年にリリースした最新作~前作同様、レゲエのビートを中心に、ラテン音楽やアフリカ音楽からの音楽的要素を取り入れたミクスチャー系サウ …

続きを読む>

SOSALA / NU WORLD TRASH

サダトです。イラン人の両親のもと、ドイツで育ち、1974年、未だ若くして日本へ渡り剣道を学び、程なくして音楽活動を開始。後年、欧州盤CDディストリビューター “POP BIZ” 社主もつとめたサキソフォニスト=ソーラブ・サダトが、08年に突然NYへ移住してから4年~その4年間の成果がここに届きました。現在、オーネット・コールマンとリハ …

続きを読む>

OKI meets MISAKO OSHIRO / 北と南

沖縄民謡の大御所 / 大ヴェテラン女性歌手とアイヌ音楽の改革者OKIによる共演作で、OKIオリジナルの2曲を除けば、トンコリが大城の三線弾き語りに歩み寄り、一つの歌を結んでいますね。プロデューサー、あるいは器楽奏者としてのOKIの柔軟さは引き立ちますが、どこに共演の必然性があるのかはわからない、ということはあります。が、しかし、その、必然性のないままに北と南 …

続きを読む>

RAY LEMA / 99

コンゴ出身、マルチカルチャーなマルチ・インストゥルメンタリストにして、わが道を行く唯一無二の音楽世界を持つアフリカン・ポップ職人=レイ・レマの新作は、エチエンヌ・ムバペ(グエン・レー&ウルトラマリーンのベーシスト) / コンティ・ビロン(カメルーンのドラマー) / バルー・カンタ / ルチアナ・デミンゴンゴ / カティー・ルノワール / イサベル・ゴンザレス …

続きを読む>

DUB COLOSSUS / ADIS THROUGH TE LOOKING GLASS

元トランス・グローバル・アンダーグラウンドのマルチ音楽家=ダブラーによるエチオピアはアディスの音楽達との共演2作目です!ミミ・ゼネベほかの魅力的な女性歌手を前面にレゲエ風のエチオ・サウンドを聞かせる方向性は変わっていないわけですが、音作りも曲作りも一層練られて来て、聴き応えある快作に仕上がったと思います。エチオピア音楽の美観に沿った細部の繊細なアイデア / …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / COKE STUDIO 2010, (PROMOTIONAL CD )

早い者勝ち、ということになってしまいます。完全限定10枚入荷!パキスタンの人気TV音楽番組“コーク・スタジオ”の番組収録スタジオ・ライヴによるプロモーションCD(非売品を買い付けていただくことに成功しました!)アビダ・パルヴィーン、リズワン&ムアッザン、アリフ&メーシャ、ゼブ&ハニヤといったパキスタン系アーティスト達による~トラッド/POPの境界を越えた素晴 …

続きを読む>

V.A. / DISCOVER NEW JAPAN 『民謡ニューウェーブvol.1』

久々の再入荷です! やや玉石混淆ですが、その意気やよし!新しい日本の民謡のあり方を探るコンピレーション~タイトルそのままの内容です! 東北民謡を軽快ファンキーなバンド・アンサンブルと伸びやかな歌声で聞かせるアラゲボンジ!OTO、サヨコ、奈良大介のユニット~サヨコオトナラによるグルーヴィーな阿波踊り!伊豆諸島・小笠原諸島の音楽家が集った島音流の青ヶ島民謡!トン …

続きを読む>

LOGA RAMIN TORKIAN / MEHRAAB

米国在住のイラン系グループNIYAZのリーダー、ローガ・ラミン・トルキアンが同じく在米のイラン人声楽家ホスロー・アンサーリーと共演したニューエイジ・イラン古典音楽作品。エンジニアにはNIYAZのカルメン・リッヅォが参加し、NIYAZとも共通するサウンドだが、電子楽器はまったく用いられていない。ローガは伝統楽器、ルバーブ、サズ、ラウタ、ジュンブシュ、ヴィオラ・ …

続きを読む>

AMEPHONE / RETROSPECTIVE – RE ISSUE

1990年代初めよりCDを制作、一貫して非欧米圏の民俗音楽/伝統音楽/大衆音楽の学習・模倣、及び、現地レコーディング質感にこだわり、独自なセンスで音響作品群をリリースして来たアメフォンの98年リリースの問題作?『レトロスペクティヴ』が再発されました(というのも、近年の”辺境音楽ブーム”とか音響派の人気に応えて、ということらしいんですが)!というわ …

続きを読む>

SAMUEL YIRGA / GUZO

エチオピアン・ジャズの若き才能。リアルワールドのエチオピア・ミクスチャー・グループ「DUB COLOSSYS」の一員として頭角を現した20代の男性ピアニストサミュエル・イルガが、ダブ・コロッサスのリーダー、ダブラーのプロデュースの元 初めて発表したソロアルバム。ダブコロッサスのアルバムとは異なり、ダブ処理やアズマリ歌手の要素は少なく、より一層アーティスティッ …

続きを読む>

V.A. / BANDE ITALIANE

独ネットワークから、イタリアのブラスバンド「バンダ」全14曲を収録したコンピ盤登場。シシリーのバンダ・イオニカから、サレントの奇才チェーザレ・デッランナ率いるオパ・ツパとバンダドリアティカ、ムニッシュパーレ・バルカニカが。そしてボローニャのバンダ・オリファンテ。全14曲なのに、たっった5組というラインアップが正解でした。フェリーニの映画から流れていそうなサー …

続きを読む>

go top