V.A. / MOUNTAIN MUSIC OF PERU VOL 2

アメリカスミソニアンフォークウェイズによるペルーのアンデス、アイマラ族のパンフルート録音。本当に貴重な録音です。本家サイトにて全曲試聴出来ます。 http://www.folkways.si.edu/mountain-music-of-peru-vol-2/american-indian-world/album/smithsonian  

続きを読む>

JAIME GUARDIA / EL CHARANGO DEL PERU

★ハイメ・グアルディア / エル・チャランゴ・デル・ペルー こちらも、ラスト・ストックを分けていただきました! 今回は通常定価¥3080のところ出血?¥2450にてご提供させていただきます(TVショッピングみたいですが)! BOMBA レコーズにより1995年にリリースされた名盤〜選曲/解説 by 田中勝則氏 !! による全21曲~ペルー山岳音楽の巨匠、チャ …

続きを読む>

LILIAN SABA / SOL Y LUNA

ノーラ・サルモリアとも共作を出す女性ピアニスト、リリアン・サバの新作はフルートとケーナを弾くマルセロ・チオーディとのデュオ作。カルロス・アギーレの主催のレーベル、シャグラダ・メドラより。 “月と太陽”のタイトルのとおりのアルゼンチン周辺の南米フォルクローレから汲み出すアーシーで心地よい音風景。この辺の音をご存知なら安心して聴ける逸品で …

続きを読む>

KASAI ALLSTARS / BEWARE THE FETISH

★カサイ・オールスターズ『コンゴトロニクス 5 ~ビーウェア・ザ・フェティッシュ』 ★日本盤初回特典おまけDVD付き! コンゴ・カサイ州出身の異なる5部族の“電気化コンゴ伝統音楽”グループ(バソキン、マサンカ、サンカイ、ディブア・ディエトゥ、オルケストル・タンジョル)の選抜メンバーで構成された「カサイ・オールスターズ」の2作目アルバム。 4年の製 …

続きを読む>

KASAI ALL STARS / CONGOTRONICS 3

クラムド・ディスク presents コンゴトロニクス・シリーズ第3弾!コンゴのフォルクロール=伝統音楽の感電進化形~ルバ、ソンギエ、ルルア、テテラ、ルントゥーという5つの文化も言語も音楽的伝統も異なるトライブのメンバーたちが、部族間の垣根を越えて結成したバンド=カサイ・オールスターズ欧州デビュー・アルバムです! コノノを野性とするなら、こちらにはミクスチュ …

続きを読む>

LOLA MARTIN

というわけで、こういう季節となれば、やっぱりローラ・マルタンですねえ!当店のフレンチカリビアン・マニアのお客様におきましては、必ずやお楽しみいただけるCDかと、マルチニック往年のビギン女性歌手ローラ・マルタン(未だ現役!?)1969年録音クレオール系フォークロア&ビギン・アルバム/オリジナルLP復刻盤です。若き日のビギン・ピアニストのアラン・ジャン=マリーは …

続きを読む>

FLORENCIA BERNALES / POR LA HUELLA

アルゼンチンの若手女性フォルクローレ系歌手のたぶんセカンドとなる2014年作。前作同様、フアン・ファルー、ルチョ・ゴンサレス、イルダ・エレーラなどの現代の名手が大勢参加していますが、今作はなんとチャランゴの巨匠中の巨匠ハイメ・トーレスが参加。バック陣の人脈から考えればトーレスの参加も当然と言えば当然ですが、現代アルゼンチン・フォルクローレ界のレジェンド達が脇 …

続きを読む>

SZALOKI AGI / GINGALLO

ハンガリーを代表するコンテンポラリー派トラッド・フォーク・バンド=マカームや、ハンガリーのロマ系ツィンバロム第一人者バログ・カールマーンと共演、 お馴染みの人気バンド=ベシュ・オ・ドロムのヴォーカリストとしても在籍していたサローキ・アーギが~09年に発売した待望の作が国内発売!ソロ作とし ては5作目となる今作のコンセプトは、1作目や3作目と同様~子供でも楽し …

続きを読む>

CECILIA BERNASCONI / FULGOR

ブエノスアイレス出身の女性SSWの2013年初ソロアルバム。ギター、ベース、ドラムス、ソプラノサックス/フルートというアコースティックな編成で、ミロンガやワルツ、サンバ、フォルクローレを今時な音響派的解釈した自作曲を、軽やかでソフトな歌声で歌っています。

続きを読む>

BRIGADA VICTOR JARA / DANCAS E FOLIAS

ポルトガルのトラッド・フォークを代表し、1975年から活動するグループで、本作は95年発表の代表作!各種ポルトガルの弦楽器とガイタ、ピアノ、ヴァ イオリンを基本に、変化に富んだアレンジの中で、南米音楽やケルト音楽にシンパシーを奏でるポルトガルのトラッドを聴かせます。清澄な女性歌手&しゃがれ た男性歌手、純朴な男性コーラスが交互にリードを取り、多彩な曲想を際立 …

続きを読む>

MALENA MUYALA / VIAJERA

カルロス・ガルデルらの古いタンゴやミロンガ、あるいは、タンゴのみならずカンドンべやワルツなどに材を求めたフォルクロリックな持ち味の自作曲を聞かせる~ウルグアイの女性歌手による新録です。ギター弾き語りとバンドネオン、ヴァイオリンを要とした音数少ない古風なバックも、メランコリックでいながら、どこかスモーキーな歌声ともども、ムード満点、聴き応え充分です。ジャケの凛 …

続きを読む>

CARLOS MOSCARDINI & LUCIANA JURY / HORIZONTE INFINITO

今年50歳 (09年当時)になるブエノスアイレス生まれのカルロス・モスカルディーニはパンパのフォルクローレを学び、自国のみならずインターナショナルに活動する気鋭の作曲家にしてギタリスト。若手女性歌手ルシアナ・ジュリーのヴォーカルを交え、チャマメ、ミロンガ・パンペアーナ、ウエラといったパンパのリズムのオリジナル曲を、自身のギター演奏で聞かせています。アコーステ …

続きを読む>

V.A. / LUCHA POR LA VIDA, LAMUSIQUE LATINA A L’ERE DU CHE

すべて、チエ・ゲバラに捧げられた曲ばかり~全17曲です。アタウアルパ・ユパンキ、ビクトール・ハラ、アストール・ピアソラ、ビオレータ・パラ、インティ・イジマニ、イジャプ、カルロス・サンタナ、ティン・マイア、イラケレ、ガトー・バルビエリ…、というわけで、汎ラテン的な大御所がそろってチエを歌うわけです。古今南米の下バラ賛歌、こうして通して聴くと、なかな …

続きを読む>

go top