LYDIA SERVOU / KAME TON YPNO SINNEFO

タイトルは “CAMEO SLEEP CLOUD” (雲をベッドに寝ている子供の彫られたカメオ〜完全意訳)これはまた一つ、嬉しいギリシャからの新作(13年末の作らしいですけど)、ファースト・アルバムだそうですが、リディア・セルヴォ、お幾つなのか知りませんけど、アテネのミュージック・コンセルヴァトリーを卒業して長らくピアノ教師をする傍ら …

続きを読む>

UYEN TRANG / O HAI DAU NOI NHO

>こちらで紹介されています(無断リンクすみません!毎度…)。が、なんともこのジャケット写真、花買って元ヤンキー仲間の結婚パーティーに向かうチーママ風情も漂いますが(でも酔客扱いがいまひとつ苦手?)…、”ヴェトナム南部のドンナイ省ビエンホア出身の中堅どころのポップス・シンガーで、抒情的な情歌ばかりでなく、ニャック・カック・マ …

続きを読む>

KORINA LEGAKI / KYMATOGRAPHOS, Twelve Songs from the Motion Picture

クレタ島に生まれの女性歌手、コリナ・レガキ2014年の新作は、12曲の映画主題曲を歌い綴った企画盤。イタリア語、ポルトガル語、英語、ドイツ語、そしてギリシャ語で歌っています。ニコラ・ピオヴァーニの「人生は素晴らしい」とか、ルイス・ボンファの「カーニヴァルの朝」とか、ミキス・テオドラキスの『死んでもいい(フェードラ)』のテーマとか、アストラ・ピアソラの『ブエノ …

続きを読む>

おおたか静流 with こまっちゃクレズマ トペラトトのおどり

NHKのEテレ「にほんごであそぼ」のおおたか静流+絵本作家の田島征三+ジャズ奏者の梅津和時率いるこまっちゃクレズマが送る愉快で新しい日本のフォルクローレ! このCDの元になった物語は、絵本作家として長いキャリアを持ち、「小学館絵画賞」をはじめ数々の賞を受賞してきた田島征三・作の絵本「学校はカラッポにならない」(えほんの社 2009年7月刊)。 舞台は、新潟県 …

続きを読む>

LE MAN / O HAI SAU NOI NHO

↓CDのみ¥2450 再入荷! >こちらで紹介されています。いつも、すみません。 ベトナムの民歌(ザンカー)の若手女性歌手(タイプとしては昔の小川真由美?…)セカンド・アルバムですが、なんとも豪華なロングケース入りCD&DVDとなっています。生音ストリングスのゴージャズなオーケストレーションにベトナムの伝統的な弦楽器類が交わり、いかにもドラマティ …

続きを読む>

SAVVERIA MARGIOLA / ALISAHNI, Symmetehei o Fotis Siotas

若い頃のジェーン・フォンダみたいですねえ…、世の中、イイ女だらけですな。というようなことはともかく、再入荷です。近年どんどん注目アーティストを送り出しているアントアーツの新人女性歌手、サヴェーリア・マリオラのファースト・アルバムです。高名なブズーキ・ヴァーチュオーゾ、ディミトリス・マリオラの愛娘ということですから、さもありなんのトラディショナルぶ …

続きを読む>

ELEONORA ZOUGANELI / METAKOMISI TORA

エレノーラ・ズガネリはヤニス・ズガネリとイシドラ・シデリという二人の歌手の娘さん、子供のころから歌っていたようですが、長じてヨルゴス・ダラーラスやマノリス・リダキスのバックで歌うようになり、ナタッサ・ボウフィルと共演したり、あるいは、ポルトガルのドゥルセ・ポンテスとの共演も果たしています。デビューアルバムは09年~この2013年作で4枚目のアルバムということ …

続きを読む>

EYDIE GORME Y LOS PANCHOS / CANTA EN ESPANOL con Los Panchos

なんだかんだ言って、イイですねえ、やっぱり。ゴーメ、ちょっと軽い歌い口ですが、今となってみればフィーリンです!??ともあれ、このアルバムが日本のラテン歌謡、ことにコーラスグループに与えた影響ははかり知れません、とかなんとか。マリア・グレベールとか、アグスティン・ララとか、ボビー・カポとかの有名曲ばかり!イイ曲ばかり! 1. Nosotros 2. Piel …

続きを読む>

SALLY NYOLO / TIGER RUN

★サリィ・ニョロ/タイガー・ラン アフロ・ポップ・シーンをリードする女性シンガーが虎のようなしなやかさを発揮した3年ぶりの新作! ファンのみなさま、お待たせいたしました。元ザップ・ママのメンバーとしても知られるサリィ・ニョロの新作が7年ぶりの日本配給となった。世界的ヒットとなったソロ・デビュー・アルバム『トリビュ』(97年)から数えて7枚め。故郷のカメルーン …

続きを読む>

TAN NHAN / YEM DAO XUONG PHO

>こちらで “ヴェトナム版『ドラゴンフライ』の登場”と、紹介されていました(↑度重なる無断リンクすみません↓)。 >全曲聴けます! >bunboniさんの年間ベスト!! というわけで、再々々々入荷!入荷するたびに即品切れのハノイ出身、タン・ニャン2013年の話題盤ですが、やっとある程度の数量が入って来たので、再々々々度、お薦めさせてい …

続きを読む>

KUKU SEBSEBE / GEEZZE

「エチオピアの恋人」と言われたクク・サブシベ、こちらは1999年作〜北米滞在期(およそ10年間)のラスト・レコーディングとなります。90年代テイストの打ち込みエチオグルーヴの一つの到達点と言ってもイイ作かと。 >全曲部分試聴可!  

続きを読む>

MARIA BETHANIA / MEUS QUINTAIS

マリア・ベターニア2014年新作です。00年代の充実路線を踏まえて、何かの主張があるわけではなく、自己表現とかそういうものでもなく、ただただ曲の良さ、バッキングの繊細なアンサンブルの中に自ら溶け込み歌うような、素晴らしい出来です。アンドレ・メマーリのピアノ伴奏によるドリ・カイーミ曲、シコ・セーザル、グストジオ・メスキータ、パウロ・ヴァンゾリーニ、アドリアーナ …

続きを読む>

NAMGAR / NOMADS OF THE STEPPE

★ナムガル/ステップの遊牧民 ロシア、モンゴルに囲まれた小国ブリヤート共和国から届いた神秘の歌声! アジア最大の湖バイカル湖を有するロシア連邦内の共和国ブリヤートは、大草原が広がるシベリア南部に位置し、ロシア、中国、モンゴルからの要素が混じりあった独特の文化を育んできた。そんな地の遊牧民の家庭に生まれ、同地に伝わる伝統的な歌や踊りを身につけた女性歌手がナムガ …

続きを読む>

go top