NILUFER / KENDI CENNETIM

  70年代はじめにデビュー、今日まで人気を保ち続けるヴェテラン女性歌手(セゼン・アクスにつぐ存在でしょうか?)、この2015年還暦ニュー・アルバムも元気ありますねえ。ジプシー・ブラス入りバルカン風から、アナドルロック風打ち込みナンバー、ハルク風バラード、思い入れたっぷりのトルコ演歌まで…。それにしてもジャケのお顔、フォトショップ修正の …

続きを読む>

MARIA ELENA PENA / ENTRE BOLERO Y CAFE

マリア・エレーナ・ペーナの2011年のボレーロ・アルバム『ボレーロとカフェの中に』初入荷です。今じゃ、キューバの国立芸術学院やメキシコの芸術学院で音楽理論や演劇や歌唱法を教えているセンセだそーですが、キャリアのスタートは1960年代後半頃から、ホテルやクラブやラジオやTVでボレロを歌いはじめ、1970年年代にはホテル・リビエラの専属歌手となったり、 アドルフ …

続きを読む>

MARTHA MENAHEM / ALLELUIA

ギリシャ女流作曲家にして歌い手、マーサ・メナヘムの9年ぶりのリーダー作(セカンド・アルバム)です。彼女自身はアテネ生まれですが、その名の通り、両親はテッサロニキ・ルーツのユダヤ人でした。この新作、メナヘム本人も3曲歌っていますが(力の抜けたイイ歌い口です)、ほか、参加歌手は以下の通り(これまでにもその自作でメナヘムの曲を歌って来た歌手多し)。Maria An …

続きを読む>

楊曼莉 Yang Man Li / 淡淡幽情 Dan Dan You Qing

久々の再入荷です! >コチラで紹介されていました(全然、知りませんでしたね…、去年出ていたんですね!で、これは見逃すわけにはいかないと、スワッとオーダーさせていただきました。感謝!)ヤン・マンリーによるテレサの『淡淡幽情』カヴァー・アルバム!自分、テレサ・ファンを自認しているつもりですが、文句ございません!OKです。可愛いし、♡… 何 …

続きを読む>

NICOLE CROISILLE / JAZZILLE

80年代ジャズ〜ソフトロックの名盤再発。映画「男と女」の主題歌でのスキャットでも知られるニコルが自らのルーツ回帰と言うべき大胆なジャズ・アルバムを1987年に制作。当時フランス最高といわれたリズムセクションに豪華なゲストを迎え、ジャズの名曲からイヴァン・リンスの曲まで、縦横無尽なヴォーカルアルバム。2008年リマスター。

続きを読む>

MIRIYAM MAKEBA / THE INDISPENSABLE 1955-1962

南アフリカ出身のミリアム・マケバ。ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修のミリアム・マケバ 初期録音集3CD。〜こうやってまとめて聴くと、やっぱりイイ歌手だったんですねえ、南ア音楽のPOP&JIVEな50年代的充実をキチッとキープしていたことがわかります。1枚目はデビュー時に参加したマンハッタン・ブラザーズ時代、紅一点の録音3曲に、女声コーラス・グループ、ス …

続きを読む>

ELEFTHERIA ARVANITAKI / 9 + 1 ISTORIES

7年待たされたわけですね。>こちら 08年の “Kai Ta Matia Kai I Kardia” 以来のスタジオ録音新作です。 1984年のソロ・デビュー ( LYRA RECORDS から)以来、これが13作目のオリジナル・アルバム。以前は2〜3年毎にコンスタントにスタジオ作をリリースしてくれていたので、このブランクが何を意味す …

続きを読む>

RIEKA ROSLAN / TRIANGLE OF LIFE

POPインドネシア界では珍しく本格的なブラジル~ラテン的サウンドをPOPインドネシアのスタイルにとりこんで表現するリエカの最新作は、文句なく2010年の東南アジアのジャジーPOPの最高の1枚。アンディエンやユニ・シャラといった人気歌手もゲストに迎えながら、凡百のボサノヴァアルバムとは全くレベルの違うブラジルからキューバまで意識しつつ、POPインドネシアらしさ …

続きを読む>

MELINA KANA / O GOIS TOU THISIOU

>こちらで、先に変身したエレーニ・ツァリゴプールと組んで、ポスト・ロックっぽい音に馴染んでしまったのかどうか(髪も切ってしまった)、グリーク・トラディショナル・ヴォイス meets キャレクシコ(〜ギリシャでは思いの外、大人気!)という印象の新作アルバムをリリースしてくれたメリーナ・カナ。〜1966年テッサロニキ生まれ、ファースト・アルバムは91年にリリース …

続きを読む>

ANTONIA ADNET & CONVIDADOS / TEM+BOOGIE WOOGIE NO SAMBA

      再入荷!ま、夏は終わっちゃいましたけど、秋のBGMでもイイんじゃないでしょうか?なんてイイ加減なキャッチはともく、田中勝則さんがMM誌9月号輸入盤欄で紹介されていたCDですね。お見逃しなく! マリオ・アジネーの愛娘(小ガッコーのセンセみたいだけど可愛い!)、アントニア・アジネーのサード・アルバムがイイですね!この夏の …

続きを読む>

NINA BECKER / MINHA DOLIORES – Nina Becker Canta Dolores Duran

>こちらでも紹介されていました(無断リンク陳謝)!昨年ブラジルでCDリリースされ、聴きたいなあ、と思っていたんですが、努力不足でしょうか、なかなか入って来ないCDでした。で、やっとのこと入荷して聴いてみれば、なるほどなあ、去年のベスト10にあげる方が多いだけのことはあります。何と言ってもバックが良くて声がイイ!と、…何を当たり前のことを、と思われ …

続きを読む>

MEMES / LIEF JAVA

リクエスト絶えません。再入荷です!POPインドネシア系の美人歌手(49歳、ヴェテランと言っていいでしょう、って言うか、まだ歌ってたんですね!?)メメスが、インドネシア独立前後を代表する作曲家として活躍したイスマイル・マルズキ(1914~58)の名曲を歌い綴った新録です。バックは流麗なストリングスをフィーチュアーしたプラハ市フィルハーモニック・オーケストラ!と …

続きを読む>

MARIA VICTORIA / VOL.2

1933年生まれのメキシコの女優/歌手マリア・ビクトリアは、メキシコ映画黄金期から、80歳を超えても活動を重ねてきました。本作は、RCAビクターへの50年代の録音のストレート・リイシューCD-R。バックは、ベニー・モレーとの録音もあるラファエル・デ・パスのオーケストラと、チューチョ・サルソーサのオーケストラの名がクレジットされていますが、大ヒット曲「エスクー …

続きを読む>

PHAM PHUONG THAO / CHUT TINH EM GUI vol.12

DVD  再入荷待ち ベトナム、ザンカー/民歌のトップスター新作です。CD/DVD同時入荷!今までで、一番イイような気がします。最初期に戻った感じでしょうか、自然な熱唱を聞かせます。加えて、ホント、近年のザンカー系バッキングの洗練度、ココに極まっているかも知れません。フォークロアな音感 / ベトナムの弦&打楽器をうまい具合に散りばめながら、オーソドックスにし …

続きを読む>

go top