ROBERTA SA / DELIRIO

今、もっともその動向が注目されるようになったブラジル女性歌手、ロベルタ・サー(Roberta Sá)。その2015年新作がいよいよ入荷です。今回はバーデン・パウエル、アタウルフォ・アルヴェスが残したサンバのほか、シコやマルチーニョのカヴァー曲なども取り上げています。プロデュースはお馴染みロドリーゴ・カンペーロ。シコ・ブアルキ、アルナルド・アントゥーネス、ジャ …

続きを読む>

DATUK SHARIFAH AINI / IN DOWN MEMORY LANE

1970~80年の洋楽ヒットなどをカヴァーした珍しい編集盤!2014年7月2日に61歳で亡くなったベテラン女性歌手シャリファ・アイニ。伝統歌謡を中心に、ポップス、ダンドゥットと様々なスタイルの歌謡を楽しませてくれた彼女ですが、70年代後半から80年代前半に掛けて洋楽のカヴァーもたくさん残していました。このアルバムはそんな楽曲ばかりを集めた珍しい編集盤。当時人 …

続きを読む>

FABIANA COZZA / PARTIR

これまでに4枚のアルバムを発表。2012年にはブラジルの権威ある音楽コンテストで最優秀サンバ歌手に選出され、また渡辺貞夫のゲスト歌手としても度々来日するなど、ブラジル国内外で高い評価を獲得する女性シンガー、ファビアーナ・コッツァの最新作。 本作はこれまでのサンバ歌手としての殻を打ち破り、よりユニバーサルな音楽性に挑んだ意欲作。レパートリーは、ジョアン・ジルベ …

続きを読む>

OW CHUTIMA KAEWNEAM / FANTASY MOOD

久々の再入荷! ハイ-ファイ・タイ・カントリーが当店で大ヒットとなったタイの老舗インディーズレーベル「BAICHASONG」のカタログが揃いました。こちらは清楚な歌声で人気のベテラン女性歌手オー・チュティマの2014年作で、大人仕様。ビッグバンド、ソウル、ブルース、ラテン、クラシカル、ジャズなど、曲ごとにアレンジを変え、しっとりとした歌声を聴かせます・ 01 …

続きを読む>

OW CHUTIMA / LOVE TALES

久々の再入荷!ハイ-ファイ・タイ・カントリーが当店で大ヒットとなったタイの老舗インディーズレーベル「BAICHASONG」のカタログが揃いました。こちらは清楚な歌声で人気のベテラン女性歌手オー・チュティマ2012年作。 ピアノ&クラリネットでジャジーに、アコースティックギターとサックスでフォーキー、ウクレレとパーカッションと波の音でハワイアン…、 …

続きを読む>

LE QUYEN / KHUC TINH XUA 3, DEM TAM SU

レー・クエンがベトナム歌謡の往年の名曲を綴った “KHUC TINH XUA” シリーズ第3弾〜>こちらが1&2集です。サブ・タイトルの “DEM TAM SU” の意味は「夜の気持」といった意味でしょうか。しっとりとしたバラード&ボレロ風のアレンジに、戦前ベトナム大衆歌謡風の仄暗いメロディーを辿るレー …

続きを読む>

NILUFER / KENDI CENNETIM

  70年代はじめにデビュー、今日まで人気を保ち続けるヴェテラン女性歌手(セゼン・アクスにつぐ存在でしょうか?)、この2015年還暦ニュー・アルバムも元気ありますねえ。ジプシー・ブラス入りバルカン風から、アナドルロック風打ち込みナンバー、ハルク風バラード、思い入れたっぷりのトルコ演歌まで…。それにしてもジャケのお顔、フォトショップ修正の …

続きを読む>

MARIA ELENA PENA / ENTRE BOLERO Y CAFE

マリア・エレーナ・ペーナの2011年のボレーロ・アルバム『ボレーロとカフェの中に』初入荷です。今じゃ、キューバの国立芸術学院やメキシコの芸術学院で音楽理論や演劇や歌唱法を教えているセンセだそーですが、キャリアのスタートは1960年代後半頃から、ホテルやクラブやラジオやTVでボレロを歌いはじめ、1970年年代にはホテル・リビエラの専属歌手となったり、 アドルフ …

続きを読む>

MARTHA MENAHEM / ALLELUIA

ギリシャ女流作曲家にして歌い手、マーサ・メナヘムの9年ぶりのリーダー作(セカンド・アルバム)です。彼女自身はアテネ生まれですが、その名の通り、両親はテッサロニキ・ルーツのユダヤ人でした。この新作、メナヘム本人も3曲歌っていますが(力の抜けたイイ歌い口です)、ほか、参加歌手は以下の通り(これまでにもその自作でメナヘムの曲を歌って来た歌手多し)。Maria An …

続きを読む>

楊曼莉 Yang Man Li / 淡淡幽情 Dan Dan You Qing

久々の再入荷です! >コチラで紹介されていました(全然、知りませんでしたね…、去年出ていたんですね!で、これは見逃すわけにはいかないと、スワッとオーダーさせていただきました。感謝!)ヤン・マンリーによるテレサの『淡淡幽情』カヴァー・アルバム!自分、テレサ・ファンを自認しているつもりですが、文句ございません!OKです。可愛いし、♡… 何 …

続きを読む>

NICOLE CROISILLE / JAZZILLE

80年代ジャズ〜ソフトロックの名盤再発。映画「男と女」の主題歌でのスキャットでも知られるニコルが自らのルーツ回帰と言うべき大胆なジャズ・アルバムを1987年に制作。当時フランス最高といわれたリズムセクションに豪華なゲストを迎え、ジャズの名曲からイヴァン・リンスの曲まで、縦横無尽なヴォーカルアルバム。2008年リマスター。

続きを読む>

MIRIYAM MAKEBA / THE INDISPENSABLE 1955-1962

南アフリカ出身のミリアム・マケバ。ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修のミリアム・マケバ 初期録音集3CD。〜こうやってまとめて聴くと、やっぱりイイ歌手だったんですねえ、南ア音楽のPOP&JIVEな50年代的充実をキチッとキープしていたことがわかります。1枚目はデビュー時に参加したマンハッタン・ブラザーズ時代、紅一点の録音3曲に、女声コーラス・グループ、ス …

続きを読む>

ELEFTHERIA ARVANITAKI / 9 + 1 ISTORIES

7年待たされたわけですね。>こちら 08年の “Kai Ta Matia Kai I Kardia” 以来のスタジオ録音新作です。 1984年のソロ・デビュー ( LYRA RECORDS から)以来、これが13作目のオリジナル・アルバム。以前は2〜3年毎にコンスタントにスタジオ作をリリースしてくれていたので、このブランクが何を意味す …

続きを読む>

RIEKA ROSLAN / TRIANGLE OF LIFE

POPインドネシア界では珍しく本格的なブラジル~ラテン的サウンドをPOPインドネシアのスタイルにとりこんで表現するリエカの最新作は、文句なく2010年の東南アジアのジャジーPOPの最高の1枚。アンディエンやユニ・シャラといった人気歌手もゲストに迎えながら、凡百のボサノヴァアルバムとは全くレベルの違うブラジルからキューバまで意識しつつ、POPインドネシアらしさ …

続きを読む>

go top