CARIDAD CUERVO / Yo Quiero Bailar – La Guarachera De Cuba

1952年、6歳の時に“のど自慢”大会で優勝し、その後ラジオ、テレビや映画、ミュージカルで活躍、キューバのアイド ルとして一世を風靡した天才少女歌手カリダ・クエルボ。革命(当時13歳)後も、中南米やヨーロッパ各地で公演をし、有名なカバレー・トロピカーナにも長 期に渡り出演、晩年まで精力的に活動しました。少女らしい可愛い声を持ち、セリア・クルースをさらにアフロ …

続きを読む>

SZALOKI AGI / GINGALLO

ハンガリーを代表するコンテンポラリー派トラッド・フォーク・バンド=マカームや、ハンガリーのロマ系ツィンバロム第一人者バログ・カールマーンと共演、 お馴染みの人気バンド=ベシュ・オ・ドロムのヴォーカリストとしても在籍していたサローキ・アーギが~09年に発売した待望の作が国内発売!ソロ作とし ては5作目となる今作のコンセプトは、1作目や3作目と同様~子供でも楽し …

続きを読む>

KANDIA KOUYATE / AMARY DAOU

マリを代表する女性歌手の一人、カンジャ・クヤーテ~近年、マリの音楽マーケットを取り巻く人脈に嫌気がさしたということで、活動停止中の彼女ですが、 1950年代の終わりにグリオ(世襲制芸能集団)の家に生まれ、その類い希なヴォーカルが多くのパトロンから支持されて来ました。このCDは、そんなカン ジャが80年代初頭に残したデビュー&セカンド・カセットからピックアップ …

続きを読む>

JUHASZ REKA / IGAZAK ALMA – Traditional Folk Songs From The Carpathian Basin 

ハンガリーのトラッドを歌う女性歌手。アカペラから、笛(3曲目の笛などまるで、尺八!)やバグパイプ、ヴァイオリンなどの素朴な伴奏で、地声で、当地の伝承歌を中心に歌いついでいきます。伴奏は父親や兄弟姉妹がおこなっていて、ハンガリー伝統音楽の受け継がれ方や楽しまれ方が手に取るように分かるのもおもしろいところでしょう。東洋の影響も強いと言われるハンガリーですが、この …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / KOSERT LETERA TIMUR

マレイシア音楽ファンの皆様、お待たせしました。この所リリースが途絶えていたシティ・ヌールハリザがようやく新作を発表してくれました。 今回は伝統音楽に特化した豪華なオーケストラを率いて行われたコンサートを収録した2枚組ライヴ盤。彼女がこれまで拘ってきたジョゲットやザッ ピンといったマレイシア伝統歌謡を中心に、さらにはインドネシアのガムラン音楽、インドのヒンドゥ …

続きを読む>

MOUNE DE RIVEL avec JOIE ET NOSTALGIE CREOLES

昔ながらのビギン&ワルツ、マズルカ、シャンソン・クレオールを歌う仏アンティル / マルチニック出身の老嬢による2000年パリ録音です!ほんの少し枯れた味わいとともに、やわらかな節まわしで、哀愁と慈愛が入り交じったような “島唄” を聞かせてくれます。自らも奏でるピアノにヴィブラフォンやサックス、アコーディオン等が加わるシンプルな伴奏も実に上品! ▽若き日の歌 …

続きを読む>

ELENI KARAINDROU / EURIPIDES – MEDEA

ギリシャの舞台監督アントーニス・アンティパスとの共作。 エピダウロスの古代劇場に於ける野外録音で、 女神メデイアの神話を演じる舞台の音楽 / 歌物語を綴った作。 Socratis Sinopoulos: Constantinople lute & lyra Haris Lambrakis: ney Nikos Guinos: clarinet Mar …

続きを読む>

JULIE FOWLIS / GACH SGEUL – EVERY STORY

>こちらで紹介されています。無断リンクすみません!スコティッシュ・トラッド / 女性歌手ジュリー・ファウリスの新作〜スタジオ録音としては5年ぶり。もう、そんなに経つんですね。月日の流れるのは早いものです。ぐっと女らしくなって、この人らしい爽やかさは残しながらも、なるほど、テンポのある曲にしても、陰影や奥行きを感じさせるゲールの歌という気がします。例えば5曲目 …

続きを読む>

PATTI PAGE パティ・ペイジ / EARLY YEARS ON MERCURY ニッポン人が愛したパティ・ペイジ

戦後の日本で親しまれた最初のアメリカ音楽 それがパティ・ペイジが歌う「テネシー・ワルツ」だった! 日本人が洋楽に再び接した戦後の時代。アメリカ音楽は1952年頃からほぼリアル・タイムで聞かれるようになったが、そのときの最初のヒットになったのが、江利チエミがカヴァーし、本家パティ・ペイジのSPレコードも出た「テネシー・ワルツ」だった。パティの音楽は戦後の日本人 …

続きを読む>

SILA / YENI AY

トルコのポップ女性歌手スラ・ゲンチョウルの14年新作「新月」。二枚組で一枚は11曲収録のアルバム。もう一枚はそのデモバージョン集という珍しい構成です。ハルク調、シャンソン調、ジプシーブラス調、ポップとバラエティー富む曲想。セゼン・アクスからの流れを汲む骨太な声質、トルコのポップファンなら押さえておきたい一枚です。

続きを読む>

MERYEM ZENGIN / OZUR DILERIM

>レコオヤジさんに教えてもらいました。感謝!これはもうトルコ女性歌手マニアなら見逃せない逸品でしょうね。メリエム・ゼングン、英語に訳すならリッチなマリー!というような意味の名前ですから、もしかしたら芸名でしょうか?たぶん。それでもってデビュー作ということです(しかし、どんだけ毎年デビューする新人がいるのかトルコ、見渡せばデビュー作だらけ…、それだ …

続きを読む>

INTIZAR / ALDANIRIM

インティザル(1974年生まれ)の新作です。一応、アラベスク系女性歌手ということで、もう10枚近いアルバムを出しているんじゃないでしょうか。ジャケ写を見較べてみると、だんだん美人に…。ま、その辺はいろいろでしょうが、近年、もともと仄暗い印象の歌を得意としていますが、なんか、ちょっと、うらぶれた感じも出てきて、裏町人生好きの当方としては(なんだそれ …

続きを読む>

NATASA THEODORIDOU / S AGAPO

ギリシャ美人歌手ナターシャ・テオドリドゥ2013年末の13作目です。これまでにリリースした12枚のアルバムはギリシャにおいて、すべてプラチナムもしくはゴールド・アルバムとなっています。1960年以来の統計ですべての女性歌手の中で12番目にレコード&CDを売った女性歌手ということで(もちろんTOP はハリス・アレクシーウでしょう…?)、1990年代 …

続きを読む>

UXIA / MEU CANTO

ウシーア、2011年の最新作はなんとブラジル録音!ゲストに御大レニーニ、注目のSSWフレッジ・マルチンス (Fred Martins)、ソコホ・リラ(Socorro Lira)らに、プロデューサー兼ミュージシャンとしてジャイミ・アレン(マリア・ベターニャのプロデューサー&ギタリスト)、セルジオ・タヌスを迎えて います。ウシーアが暖めてきた企画を実現させたとい …

続きを読む>

go top