BEATRIZ MARQUEZ / COLECCION MEMORIAS

エグレムがリリースするCD-Rでのリイシュー・シリーズ。印刷物も最小限で、ジャケット1枚のみの簡易パッケージ版ではありますが、エグレムに残された“お宝”録音に、改めて触れる機会を提供してくれた、ファンには嬉しいアイテムです。 本作は、70年デビューのキューバの女性歌手ベアトリス・マルケスの20曲入りベスト。カンシオーン&ボレロを主体に、かつてNHK-BSの『 …

続きを読む>

RAISA / HANDMADE

  1990年ジャカルタ生まれ、オランダ人ハーフのライサは2011年のデビュー・アルバムがいきなり大ヒットした当時女子大生SSW。シングルが2ヶ月連続チャート1位という記録を打ち立てるなど、社会現象となった彼女の最新作がこちら。スムースな歌声と、都会的で洗練されたソングライティングとサウンドが、今作でもインドネシアの若者達の心をとらえているのでしょ …

続きを読む>

NYUSHA / MIRACLE

2010年代ロシアン・ポップス最重要シンガーのデビュー作! ロシアのポップスにおいて、2010年代最も重要な女性シンガーがニューシャだ。90年にモスクワに生まれた彼女は09年にリリースしたデビュー曲が大ヒット、以降、2015年までの全てのシングルをチャート1位に送り込むという快挙を果たし、そのカリスマ的な存在感は多くのロシアの若者達から支持されてきた。本作は …

続きを読む>

MAZUIN HMZAH / SIRI BINTANG PUJAAN

 EMIマレイシアの50周年を記念した2枚組大ボリュームのベスト盤シリーズに、70年代後半から80年代初頭にかけてごく短い期間だけ活動した、知られざる女性歌手達の新装ベストが加わりました。 マズイン・ハムザは兄妹5人組バンド、クイナリーMのドラマーとして15才でデビュー、バンドが解散するとソロとして活動した少女歌手。ソロとしての活動は1983年からわずか4年 …

続きを読む>

ROSEMARIA / SIRI BINTANG PUJAAN

 EMIマレイシアの50周年を記念した2枚組大ボリュームのベスト盤シリーズに、70年代後半から80年代初頭にかけてごく短い期間だけ活動した、知られざる女性歌手達の新装ベストが加わりました。 ローズマリアは1980年前後に活動していた歌手。ラジオのコンテスト番組〈Bintang RTM〉で1977年に女性初の優勝を勝ち取り、79年にデビューするも、83年頃には …

続きを読む>

JULIE REMIE / SIRI BINTANG PUJAAN

EMIマレイシアの50周年を記念した2枚組大ボリュームのベスト盤シリーズに、70年代後半から80年代初頭にかけてごく短い期間だけ活動した、知られざる女性歌手達の新装ベストが加わりました。 ジュリー・レミーは1976年から77年という非常に短い期間だけ活動した幻の女性歌手。リリース作品はLP2枚とEP1枚のみ。本作が通常32曲収録の当シリーズの中で26曲と収録 …

続きを読む>

ANI LORAK / THE BEST

ウクライナのトップ・スター、アニ・ロラクが2010年にリリースしたベスト・アルバム。古くはまだ初々しさが残る1998年のシングル曲から、2008年ユーロヴィジョン・エントリー曲の”Shady Lady”、同年にウクライナとロシアのチャートで1位を記録した”Sun”など、リリース時に歌手として全盛期を迎えていた彼 …

続きを読む>

NASTYA ZADOROZHNAYA / 12 ISTORIY

モスクワの北に500kmのヴォログダ州出身の人気若手女優ナスチャの、歌手としての2作目にあたる2009年作。当時24歳だったナスチャは、本作リリース後に女優としてブレイク、各種女優賞を受賞し、歌手活動は控えめになってしまったようで、現時点での最新アルバムです。フォーク/カントリーっぽいアルバム・ジャケットの印象とは異なり、音圧強めのダンス・ポップスが中心です …

続きを読む>

NANA SHEME

        マレイシアから注目の女性歌手が登場。ナナ・シェーメはサラワク州クチン出身で間もなく21歳を迎える若手女性歌手。イスラミックな装いから伝統歌謡系の歌手かと思いきや、バリバリのポップ・シンガーでした。ただ一昔前のマレイ・ポップのような哀愁感は全く感じず、カラっとした歌声で今時のアジアン・ポップス・スタイルを …

続きを読む>

LAVIKA / MY ONLY ONE

ウクライナのムーン・レコーズが現在イチオシしている2010年デビューの女性ヴォーカル、ラヴィカをフロントにしたポップ・ユニット。本作は2015年リリースのセカンド・アルバムで、今のところの最新作です。ジャケットは過激ですが、ラヴィカのルックスは美少女系。エレクトロ・ポップ系の楽曲が多く、若い世代に人気なのも頷ける内容ですが、ところどころウクライナの伝統的なリ …

続きを読む>

NATALIA VALEVSKAYA / THE BEST

10代で各種国際的コンテストに出場し、2006年にデビュー、その後も各ショーレースを制してきたナタリア・ヴァレヴスカヤ。そのキャリア10年間のヒット曲たち、2010年ソング・オヴ・イヤー・ウクライナに輝いた‘Palala’を含む20曲を詰め込んだ2015年リリースのベスト・アルバム。そのセクシーなルックスに似合わぬタフな歌いぶりが魅力です。音も打ち込みバキバ …

続きを読む>

JAMALA / ALL OR NOTHING

今年のユーロヴィジョン・ウクライナ代表! ユーロヴィジョン2016のウクライナ代表は、タタール人とアルメニア人の血を受け継いでいる歌手のジャマラ。本作は2013年リリースのセカンド・アルバム。彼女はソウル・ミュージックやジャズ、ファンクの要素を強く押し出している点で、他のウクライナの人気シンガー達と一線を画す存在です。生楽器主体の幅広いサウンドを展開していま …

続きを読む>

GIGLIOLA CINQUETTI / CHANTE EN FRANCAIS ET EN ITALIEN

1964 年サンレモ音楽祭で優勝して世界ヒットとなった「ノンノ・レタ」(邦題「夢見る想い」)のジリオラ・チンクエッティ、フランス語録音とイタリア語録音の19 曲に加えてボーナスとしてドイツ語録音の「夢見る想い」。(サプライヤーインフォより) EN FRANCAIS 1. JE SUIS A TOI (NON HO L’ETA, PER AMART …

続きを読む>

go top