CONJUNTO LOS LATINOS

コンフント・ロス・ラティーノスは、人気バンド、コンフント・ロベルト・ファスでヴォーカルを担当していたオルランド・レジェスにより1972年に結成され、1970年代に人気を博したグループです。時は、キューバの伝統的なリズムに新しい要素を取り入れ、特にカーニヴァル音楽的要素の強いニュー・リズムが次々に開発されヒットを重ねた時代。そんな時代を反映し、ロス・ラティーノ …

続きを読む>

ALFREDO VALDES JR / DE LA HABANA A NUEVA YORK

キューバ出身、NYではアルセニオ・ロドリゲス楽団でも活躍したピアニスト=アルフレード・バルデース・ジュニア、久々の新作!アルフレード・デ・ラ・フェやパポ・ペピンら在米の実力派のみならず、シソ・グアンチェス、ヘスス・チャポティン、ルソンJr.など、キューバ在住の腕利きミュージシャン達も大挙参加~大御所らしいを盛り上を見せる新録です。バリトン含む分厚いホーンセク …

続きを読む>

LA ZIKABILO / TODOS A LA MESA

キューバンとツィガーヌ〜ハバナとブカレストの出会い!?と言われてもねえ…。ルーマニアはアンジェのタラフ、リュタバガ(RUTABAGA)の4人と、ユラニュス・ブリュイアン(URANUS BRUAYANT)のチューバ奏者が、キューバのトランペット奏者兼ヴォーカリストのバルバロ・テウントール・ガルシアと意気投合して生まれたセクステート、だそうです。バル …

続きを読む>

HANINE Y SON CUBANO / ARABO-CUBAN

2002年秋発売CDです。僅少再入荷!お早めに、 女性歌手ハニンがマルセリーノ・リナーレス率いるキューバン・グループと共演!~もともとアラブ歌謡とラテン音楽は相性良く、戦前の名歌手アスマハーンなど、多くの人気歌手がタンゴやマンボ、チャチャチャを演じて来ましたが、そのアスマハーンのカヴァーをはじめ、なんとトリオ・マタモロスの名曲にまで挑戦!ハバネーラやマンボ、 …

続きを読む>

MARTA TOPFEROVA / TROVA

中欧の国チェコで生まれ、ニューヨークやスペインに渡って様々なラテン音楽を修得し、独自のスタイルを確立させたシンガー・ソングライターがこのマルタ・テプフェロヴァー/2002年にデビュー、これまでに発表してきた作品の多くはフォルクローレを基調とするシットリ系のサウンドだったそうですが、本作はなんとラテン音楽の王様キューバ音楽に挑戦。ダンサブルなソンやマンボ、そし …

続きを読む>

BUIKA / EL ULTIMO TRAGO, CON LA COLACORACION DE CHUCHO VALDES

マジョルカ出身のギニアとジプシーの血をひく褐色のアフロ・フラメンコ女性歌手ブイカ。ヨーロッパのワールドミュージックシーンで話題となった08年「NINA DE FUEGO」に続く09年新作はキューバンジャズの大御所チューチョ・バルデスとの共演作。しかもメキシコのカンシオン・ランチェラ歌手チャヴェーラ・ヴァルガス・レパートリーのカヴァー集。それにしてもブイカの歌 …

続きを読む>

EMIR ERSOY PROJECTO CUBANO /10 SARKI 10 SARKICI ILE

5~6年ほど前にアラブ・キューバンな作品が話題になりましたが、今度はトルコからテュルク・クバーノなアルバムが届きました。トルコを代表するラテン・ジャズ・キーボーダー、エミル・エルソイが中心となり、ゼロ年代ターキッシュポップの名曲をアフロ・キューバン・スタイルでカヴァー! トルコは地中海も国土に持っているからでしょうか、カリビアンならぬメディタレニアンな感覚で …

続きを読む>

HANINE Y SON CUBANO / 10908 km

さて~アラブ歌謡+キューバン=そのファースト・アルバムが国内リリースもされ大きな話題を呼んだハニン&アラボ・クーバンですが、ここにセカンド・アルバムが届きました!が、ちょっと気になるのは。CDのジャケ裏には” (P) 2002 “という表記があることで、これはどうも純粋な新録というより、前作といっしょに録音され、未発表だったトラックが …

続きを読む>

KIKO MENDIVE / UN CUBANO EM MEXICO

  ペレス・プラードとの録音で知られるキコ・メンディヴ1943~52年のメキシコ録音復刻CD化!メキシコに渡ったシルベストレ・メンデスも参加している名門コンフントです。革命前、キューバのミュージシャン達の最大の出稼ぎ先の一つだったメキシコ・シティの活況ぶりを、今に伝える知られざる名演集!  

続きを読む>

ZUCCHERO/ LA SESSION CUBANA

1983年にデビュー。以後30年間に渡ってイタリアのロック/ポップス・シーンの中心的存在として活躍してきた男性歌手ズッケロが、突如ユニークな試みを行いました。なんとキューバ・ハバナに飛んで現地の音楽家らとセッションを行い録音したという作品です。取り上げているのは自身のヒット曲ほか、グァヒーラの名曲「グァンタナメーラ」など、もちろんキューバ風味溢れるアレンジで …

続きを読む>

CACHAO / DESCARGAS, THE HAVANA SESSIONS

冥福を祈りたいと思います。キューバ音楽の長老、カチャーオ・ロペスが亡くなりました。2008年3月22日 永眠/89歳でした。 ご存知、デスカルガの帝王!カチャーオの全盛期/渡米前1957~1961年のハバナ録音全150分超!LPにして、おそらく5枚分~パナルト/マイペ/ムシカリア/ルンバ/カネイといったレーベルに残された録音も含む決定盤です!これはオールド・ …

続きを読む>

LOS HERMANOS ARANGO / Y LAS ESTRELLAS DEL FOLKLOR

元エネヘー・ラ・バンダで、現キューバでナンバーワン・ベーシストといわれるフェリシアーノ・アランゴが、新たに結成したロス・エルマーノス・アランゴの初アルバム。最近では、村上龍氏の招聘によりリューズ・キューバン・ナイトで、タニアのバックメンバーとしても何度も来日していますね。バンド名が示すように、フェリシアーノの兄弟であるパーカッショニスト、歌手、ギタリストの4 …

続きを読む>

V.A. / LA HABANA ERA UNA FIESTA

1940年から60年代にかけて、ハバナでは、スペイン系アーティストの来演も多く、盛んにキューバ地元のアーティスト達と共演が行われたそうです。そんな共演録音が残されたラジオ音源の初復刻!~&そして同じくラジオ音源による現地スター達の初復刻 / 名演も多く並びました!ヴァンピソウルの労作レトロ・キューバン2CDです! Disc 1 1. Maria de la …

続きを読む>

MADERA LIMPIA / LA CORONA

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの大ヒットから10年近くたった現在、キューバ音楽はヴェテランたちから若者たちへと確実に世代のシフト・チェンジが進んでいる。そんな若い世代の音楽シーンを代表するのが、このマデーラ・リンピアだ。米軍基地が置かれている事で知られる地方都市グァンタナモで活動している彼らは、チャングィやソンといった伝統的なキューバ音楽をベースにしつつ、 …

続きを読む>

go top