EL GOYO (GREGORIO HERNANDEZ) / LA RUNBA ES CUBANA SU HISTORIA 

以前、ディスコ・カランバで国内配給されていた『エル・ゴヨとルンバの生き証人たち/ルンバ、その歴史』として発売されていたルンバの名盤が、輸入盤として少量入荷してきました。 『ルンバ』の成立~発展過程で登場した様々なスタイルを聞くことができるように企画されたアルバムです。しかも演奏しているのは、グループを越えて集まった歴史的名手ばかり。複数のコンガやパーカッショ …

続きを読む>

V.A. / RUMBEROS DE AYER Y HOY VOL.1 & 2

パーカッション・アンサンブルに歌とコーラスによる都市民俗音楽ルンバ。その音源を、ルンバが録音され始めた1950年代から2017年まで、ほぼ時系列に並べ、その歴史や発展も感じられる用に編集されたCD-Rによるアルバムが、VOL.1とVOL.2という2枚のシリーズで発売されています。2枚を通して時系列に並べているわけではなく、同じグループをそれぞれに曲違いで収録 …

続きを読む>

RUMBATA / GRACIAS A LA RUMBA

ルンバとバタ(サンテリーアで使用するタイコ)というキューバのアフロ系ルーツを代表する2つの名称を組み合わせた名前を冠する1996年カマグエイで結成されたルンバ・グループのサード作。ファースト作では、同郷のマノリート・シモネーがプロデュースしていました。また前作では、豪華ゲストが大勢参加していましたが、本作はそんな派手なトピックはありませんが、そうだからこそこ …

続きを読む>

ARTY VALDES / MR. GUAGUANCO

キューバのクララ・ビジャ出身で、1950年代後半に名歌手オルランド・コントレラスを擁したトリオをプロデュースし、「ラ・セルピエンテ」「ラ・コパ・デ・クリスタル」といった曲で評価され、その後やはりオルランド・コントレラスが歌い大ヒットとなった「アミーゴ・デ・ケ」を生み出したアルティ・バルデース。革命前後に、U.S.A.に活動の拠点を移したことで、従来のキューバ …

続きを読む>

ARSENIO RODRIGUEZ / CUMBANCHANDO CON ARSENIO, FIESTA EN HARLEM

ご存じアルセニオ・ロドリーゲスが、SMC(スパニッシュ・ミュージック・センター)に1963年(1960年説もあり)に残したレアーな名盤(SMC-1074)の全曲復刻(曲順はシャッフル)CDです。録音場所は、ニューヨーク。キューバを出た後は、徐々にリズムを鋭角化、トレスも電気増幅して行くのですが、この録音の時期はニューヨーク生活もすでに安定した時で、サウンドも …

続きを読む>

ADONIS & OSAIN DEL MONTE / PA’L MONTE

★アドニス & オサイン・デル・モンテ  / パル・モンテ 今キューバで、一番若者に人気のあるルンバ・グループ “アドニス & オサイン・デル・モンテ” が放った衝撃のファースト・アルバムが、遂に日本盤として登場です。 ●U.S.A.との国交回復を機に、一気に注目を集めるカリブの島国キューバ。その島は、音楽大国として古くから現在まで、世界中から注目を集め続け …

続きを読む>

ALBERTO ZAYAS / AFRO-FRENETIC TAMBORES DE CUBA 

最初にレコーディングを行ったルンバ・グループと言われているルル・ヨンコリ(Lulú Yonkori)を作ったシンガーでコンポーザー、マタンサス生まれハバナ育ちのアルベルト・サヤス。このグループが発展して、ググンコー・マタンセーラやロス・ムニェキートス・デ・マタンサスら著名ルンバ・グループが形作られていきました。またアルベルト・サヤスは同時に、セステート・アバ …

続きを読む>

MAX POLLAK / RUMBATAP

☆マックス・ポラック/ルンバタップ タップダンスを音楽的に聴かせたい…そんな難しいミッションを成功させたアルバムがこれだ。しかもアフロ・キューバンをメインにした高い音楽性にタップとボディー・パーカッションを織り交ぜたという、これまで前例の無い、なんともユニークな内容だ。これを創り出したのは、オーストリア出身で現在ニューヨークにて活動するパフォーマー/音楽家の …

続きを読む>

go top