SANDY LOPICIC ORKESTAR / BORDER CONFUSION

セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソヴォ出身の個性の異なる3人の女性ヴォーカルを擁するサンディー・ロピチッチ・オルケスタル。人気DJのシャンテルからは「東欧と西欧の融合から生まれる最高レベルのバルカン・グルーヴ!」と評されている。哀愁を感じさせるメロディーのやノリノリのバルカン・グルーヴなどをキレの良いアレンジで聞かせてくれる。2001年発表の本作では、 …

続きを読む>

BESH O DROM / DOWN THE GARDEN

「バルカン」「ジプシー」「ブラス」を基礎にした音作りから生み出される疾走感とカヴァルやタブラ、ツィンバロムなど伝統楽器を用いた郷愁的なサウンド、そして、リーダーであるGergely Barczaによるサックス・ソロや煌びやかなオルガンサウンドなどを武器に、幅広い音楽ファンから支持を得てきたベシュ・オ・ドローム。そういった要素は保ちつつも、長きに渡る演奏の旅の …

続きを読む>

SHANTEL / BUCOVINA CLUB

ドイツ~フランクフルトの”ブコヴィナ・クラブ”を主催するDJシャンテルによる、東欧ジプシー~ ”ルーツ・ミュージック”オムニバスCD〜03年リリース/ここが始まり!〜有名なエレクトロニカ系プロデューサーでありながら、自らのルーツに目覚めたシャンテルが(父親が東欧出身)、コンチャニ・オーケストラ、ファンファーレ・チョカリーア、ボバン・マルコビッチ、ゴラン・ブレ …

続きを読む>

SHANTEL / ANARCHY & ROMANCE

〈バルカン・ビートの帝王〉シャンテルが、オリエンタル風味のロック・アーティストとして帰ってきた! 〈バルカン・ビートの帝王〉の異名を持つシャンテルが、ギターを抱えたロック・アーティストとして帰ってきた。本作ではサンプリングを一切行なわず、ヴィンテージのマイクやギター・アンプ、エフェクター、そしてフェンダー・ローズなどを使い、全編でシャンテル自身がうたっている …

続きを読む>

LA ZIKABILO / TODOS A LA MESA

キューバンとツィガーヌ〜ハバナとブカレストの出会い!?と言われてもねえ…。ルーマニアはアンジェのタラフ、リュタバガ(RUTABAGA)の4人と、ユラニュス・ブリュイアン(URANUS BRUAYANT)のチューバ奏者が、キューバのトランペット奏者兼ヴォーカリストのバルバロ・テウントール・ガルシアと意気投合して生まれたセクステート、だそうです。バル …

続きを読む>

OMFO / OMNIPRESENCE

ルシアン東欧ムードからジプシー / バルカン系~クンビア&ラテンまでユーモラスなテクノ&ダブ、ディスコ、ダンスホール、ドラムンベース、エレクトロニカを楽しませてくれたウクライナはオデッサ出身のOMFO= OUR MAN FROM ODESSA の3作目のフル・アルバム!本作ではアラブ~オリエント~インドあたりにまで材を求め、エレクトロかつエキゾ、そして変わら …

続きを読む>

GOGOL BORDELLO / TRANS -CONTINENTAL HUSTLE

ウクライナ出身のユージン・ハッツによりNYで結成された無国籍バルカン/ジプシー/ルシアン・ポストPUNKユニットの10年新作!ヴィソツキー・マナーのヴォーカル&ギターを中心に、昔だったらネオスカとかネオロカに流れ込んだような人材&音感がバルカン・ビートで弾けてます!ヴォーカルのユージンがブラジルに移住したため、マラカトゥやフォホーからの影響を受けた曲も目立ち …

続きを読む>

MAHALA RAI BANDA, Remixed by V.A. / BALKAN REGGAE

ルーマニアはブカレストのナンバー1 FUNKIEST バルカン・ビート・ユニット=マハラ・ライ・バンダのサウンドに潜むルーツ・レゲエ&ダブ指向 / 親近性を全開クローズアップしたリミックス新作が登場、その名も“バルカン・レゲエ”!Nick Manasseh / Mad Professor / Koby Israelite / Steve Vibronics …

続きを読む>

FIGLI DI MADRE IGNOTA / FEZ CLUB

フィッリ・ディ・マードレ・イニョータはイタリア・ミラノで結成された若手グループ。“スパゲッティ・バルカン”なる異名からもわかるように、イタリア人でありながらバルカン半島の音楽に心を奪われてしまった酔狂な若者たちで結成されたポップ・バンドだそうです。バルカン・ブラスさながらのアップテンポなリズムと、クレツマーのような哀愁のメロディ・ラインを持ち、そこにサーフ・ …

続きを読む>

V.A. / SRBIJA : SOUNDS GLOBAL

2000年リリース、ユーゴ連邦解体後にユーゴの独立ラジオ放送局が編んだセルビア音楽コンピレーション/入手困難の廃盤限定入荷です!~オグニエン・ボボヴィッチの「バルカン・ルンバ」はじめ、ヴァイオリン名人ライコ・フェリクスと才人ゴラン・ブレコヴィッチのブラス・バンドとの共演曲、ボバン・マルコヴィッチのレアー曲や、バルカン音楽の異端グループとされるラスト・タンゴの …

続きを読む>

V.A. / BALKAN GROOVES

いまやワールド・ミュージックの最重要ジャンルのひとつまでになったバルカン音楽。そしてそのダンス・ミュージックのいまを知らせる編集盤として人気のあった『バルカン・ビーツ』が『バルカン・グルーヴズ』へと改題。ここでは現在クラブ・シーンを熱くさせている様々なタイプのアーティストを合計15組紹介。中には非バルカン諸国で活躍している変わり種も含まれるなど、独自の観点で …

続きを読む>

SLONOVSKI BAL / ZIVI BILI

半象半人、その名も象さんの舞踏会〜マケドニア指向の多国籍バンド、スロノフスキ・バル15年目の7作目となるアルバムです!ダン&マシャ・ガリビアン(ブラッチ) 等がゲスト参加〜ちょっと老成、技巧派、余裕のバルカン・グルーヴ、ジプシー&スラヴィックなスウィング、ギリシャ〜オスマン系変則ダンス、バーレスク〜サーカス?系音楽などなど、優雅と哀愁、ノスタルジーと汗と変拍 …

続きを読む>

SHAZALAKAZOO / KARTON CITY BOOM

ベルリンの東欧ニューウェイブレーベルEASTBLOKの11年新作はベオグラード出身のバルカンビーツ生バンド。自らの音楽を「FOLKSTEP」と名付け、ヴァイオリンやウィンドシンセ、ブラス、ギターと打ち込みリズム、MCを同居させたADFやBALKAN BEAT BOX, WATCHACLANスタイルのサウンド。 タイトルの「段ボールの町」とはベオグラード近郊に …

続きを読む>

DJ CLICK / DELHI TO SEVILLA

これは楽しい!デリーからセビリアまで、ジプシーの旅路をトレースするエレクトロな旅!~うわべだけの模倣ではなく、その地に応じた楽器(口琴 /デルブッカ /ツィンバロム /クラリネット /金管 /アコ /ギター/ ヴァイオリン / サンプリング / 人声…)と、職人系デジタルリズム隊による祝祭的なエレクトロ・トランスの連続!また連続!多彩なゲスト陣の …

続きを読む>

V.A. remixed by ROBERT SOKO / BALKAN BEATS SOUNDLAB

ボスニア生まれ、ベルリン在のDJロベルト・ソコは人気コンピレーション”バルカン・ビーツ”のコンパイラー&リミキサーでもあるわけですが、そのシャンテル以前からのバルカン・ビーツ普及貢献度はナンバー1と言っていいでしょうね(それ以前はスカDJだったそーですが、なるほどぉ〜)。この2012年バルカン・ビーツも実にガッツリ来てますねえ、USバ …

続きを読む>

go top