S.E. ROGIE / PALM WINE MUSIC


se-rogie-respect

 

今は亡きシエラ・レオーネのパームワイン・ギター弾き語りの代表格、SEロージー1989年録音がCD複刻リリー ス〜その昔オルターポップからも発売されていた名演です。とにかく生ギターと簡易なパーカッションに乗せて、リラックスこの上ない歌を聞かせるロージーの魅力がたっぷり楽しめます。リマスタリングも上々の出来、まろやかで、サラッとしたイイ音に仕上がっています。

1. JOEJOE YALAL JOE ~私は妻を失った~
2. CLUA KOONDE ~酒に飲まれて~
3. KEKEH KEFARANA ~子供は大切だ~
4. LOE LOE LALAH ~愛の営みは楽し~
5. NDOMEI NENEEKPA ~愛だね~
6. WATIGBEE ~いつも~
7. TOURIST GIRL
8. LEF WAKABOT ~不正は止めよう~(インスト)
9. EBOTHRIE ~愛を分け合おう~
10. AMOO LOE LEE ~お祝いしましょう~
11. AMOO LOAMOO MOOYONG(インスト)

▽以下メーカー資料より

★アフリカから届いたハートウォームなギターとヴォーカルの音色。
夏のオススメ、ナゴミ系アルバムです。八木康夫氏によるジャケット・ワーク! 見ても楽しい、聴いても楽しいギターサウンド。
★“パームワイン・ギター・ミュージックはフォーク・ミュージックの様なものです。日々の出来事や、人々の経験を表現する音楽です。月の美しい夜 に、大きな焚火の周りに集まり、人生のひとときを分かち合う。歌をうたい、ジョークやゴシップに花を咲かせ、少しばかりの椰子酒を飲めば、幸せになれると いうものです。” by S.E.ROGIE
★S.E.ロジー、本名 ソーリマン・アーネスト・ロジー。西アフリカ シエラレオーネに1933年頃生まれました。ロジーは独学でギターを習得し、曲・詞を作り始め、1960年代を通して、パームワイン・ミュージックを世界 的に広めたミュージシャンです。彼のギターと、甘美で深いバリトンボイスは大変注目を集め、“My Lovely Elizabeth”はアフリカとヨーロッパでヒットしました。1972年から1988年まではアメリカで“アフリカの人々と文化のプログラム”と題し て、カリフォルニアの高校や小学校で公演を行い、アメリカ議会と上院から、4つの賞を受けました。この時期、アメリカ各地で多数のコンサートを行いまし た。1988年、イギリスに渡り、本アルバムをレコーディングしました。その後、ウォーマッドにて来日公演を行う等、精力的に活動しましたが、1996年 没。パームワイン・ミュージックを代表するアーティスト・ミュージシャンです。

go top