ポピュラー音楽の世紀


ポピュラー音楽の世紀

中村とうようコレクションでたどる20世紀大衆音楽のダイナミズム

The Century of Popular Music
Tracing the Dynamism of 20th Century Popular Music Through the Toyo Nakamura Collection

会 期|2015年5月25日(月)〜 8月16日(日)
休館日|日曜日、祝日 ※6月14日(日)、7月20日(月・祝)、8月16日(日)は特別開館
時 間|10:00ー18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2、アトリウム1
主 催|武蔵野美術大学 美術館・図書館

 

pop_main_re
19世紀末に発明されたレコードがひろく普及した20世紀を「ポピュラー音楽の世紀」と捉え、当館が所蔵する中村とうようコレクションのSP、LPなどのレコード資料や世界各地の楽器、音楽関連書籍によってその時代をたどる展覧会。会期中には、多彩なゲストが登場し、さまざまな視点から「ポピュラー音楽の世紀」を語りあう関連企画を開催する。

The twentieth century, in which records, invented near the end of the nineteenth century, became widely available, could be regarded as the century of popular music. This exhibition explores that period through 78 rpm and LP records, musical instruments from around the world and music-related publications from our Toyo Nakamura Collection. In a series of events during the exhibition, a variety of guests will discuss that century of popular music from their many different perspectives.

 

1.オープニング・イベント
「在りし日の中村とうようさんの横顔に迫る」
日 時|2015年5月25日(月)16:30-18:30(開場:16:00)
出演者|折田育造、他

2.世界の蓄音機

蓄音機博士に聞く蓄音機の歴史とその底知れぬ魅力
日 時|2015年5月30日(土)16:30~
出演者|杉崎 信、田中勝則(モデレーター)

3.明治・大正の日本で育まれた多彩な大衆芸能

日本一のSPレコード収集家に聞くニッポン人の喜怒哀楽
日 時|2015年6月6日(土)16:30~
出演者|岡田則夫、田中勝則(モデレーター)

4.ハワイ音楽の輝かしき秘宝

スラック・キー・ギター奏法の名手が奏でるハワイ音楽の魅力の原点
日 時|2015年6月27日(土)16:30 ~
出演者|山内雄喜、田中勝則(モデレーター)

5.アラブ音楽の深遠なる世界

アラブの秘宝ウードが奏でるアラブ音楽の1000年を超える深遠なる歴史
日 時|2015年7月4日(土)16:30~
出演者|常味裕司、田中勝則(モデレーター)

6.アナログ・レコードに聞くアメリカ音楽黄金期

ロック以後のアメリカ音楽とは違う、初期アメリカ音楽のゴージャスでリッチな世界をとことん楽しむ
日 時|2015年7月11日(土)17:30~
出演者|萩原健太、田中勝則(モデレーター)

7.ワールド・ミュージック古今東西
20世紀に世界各地で生まれた名曲、世界を変えた歴史的作品などを縦横無尽に楽しむ
日 時|2015年8月1日(土)16:30~
出演者|北中正和、田中勝則(モデレーター)

8.ブルースからアフリカ音楽へ

ブルースのルーツを訪ねてアフリカ西部のマジカルな世界にどっぷり浸かる
日 時|2015年8月10日(月)16:30~
出演者|ピーター・バラカン、田中勝則(モデレーター)

9.とうようズ・デイ 2015
日 時2015年7月20日(月・祝)17:30~20:30
出演者|サンディー、山内雄喜&パイナップル・シュガー、常味裕司 and his friends、
サカキマンゴー、片山叔美&バンダ・ドスウラ・ラ
〜中村とうよう氏を偲ぶ「とうようズ・デイ」。今年は展覧会関連イベントのひとつとして当館で開催します。もちろん、今年も中村とうよう氏ゆかりの音楽家たちが出演。サンディーや山内雄喜のハワイアンから、ウードの常味裕司奏でるアラブ音楽、サカキマンゴーのアフリカ親指ピアノから、さらにブラジルのサンバやショーロまで、たった一夜でこれだけ多彩な音楽を楽しめてしまう豪華な企画です。しかも、最後にはジャンルを超えた共演も!? 中村イズムをいまに伝える楽しい一夜をお楽しみに!

 
▼展覧会概要

武蔵野美術大学 美術館・図書館にて、当館の中村とうようコレクションの中から、ポピュラー音楽の成り立ちに不可欠であったレコードや蓄音機、楽器などを中心に展示する、本コレクションならではのユニークな展覧会「ポピュラー音楽の世紀 ―中村とうようコレクションでたどる20世紀大衆音楽のダイナミズム」を開催します。日本を代表する音楽評論家であり、レコードや楽器の収集家としても知られた故・中村とうよう氏(1932-2011)は、SP、LPなどのレコード資料や世界各地の楽器、音楽関連書籍など、5万点におよぶ膨大なコレクションを2006年に武蔵野美術大学 美術館・図書館に寄贈されました。

音楽評論の分野では、ジャズやロック、シャンソンやタンゴなど、評論家自身が専門とするジャンルを持ち、その音楽の研究を深めていくことが一般的であるなかで、中村とうよう氏は、ひとつのジャンルに留まらず、その総合体であるポピュラー音楽すべてを対象に研究、評論を進めてきました。世界のポピュラー音楽全体を貫く音楽論を論じ、書籍を執筆した最初の音楽評論家が中村とうよう氏であり、現在でもそれに続く書籍は、ごく一部の研究者によるものを除けば、ほとんど出版されていません。

19世紀後半に発明されたレコードという新しいメディアが、20世紀に入るとポピュラー音楽という現象をより具現化し、さらにラジオやテレビの登場が後押しとなって、時代を象徴する文化として大きな存在感を持つこととなりました。中村とうよう氏は、自身の音楽論のなかで20世紀の100年間を「ポピュラー音楽の世紀」と位置づけ、その時代に生み出されたポピュラー音楽の数々は、それ自体が20世紀という歴史上でも特異な時代のうねりを表現する存在であったと捉えています。

本展においても、そのような20世紀を「ポピュラー音楽の世紀」と捉え、膨大な中村とうようコレクションによって、ポピュラー音楽が熱く盛り上がった時代の躍動を振り返る展示を行います。20世紀に世界中で生み出された楽しい音楽が一堂に会するだけでなく、そのルーツにも迫る類例のない展覧会をご覧いただきます。

 
▼出展作家

1.20世紀に育まれた多彩なポピュラー音楽
本展において、展示空間の骨格部分を構成するのは、中村とうよう氏が生涯を通じてもっとも力を入れて収集してきたレコードの展示です。
レコードは19世紀後半に発明され、当初はトーマス・エジソンが発明した円筒形のもの(これを蝋管と言う)が主流でしたが、蝋管に取って代わって円盤型のレコードがポピュラーな地位を獲得します。当初はレコード会社によって回転数が違っていましたが、ある時期からほぼ毎分78回転に統一され、日本ではこれをSPレコードと呼びました。それらは、第二次世界大戦後には33回転のLPレコードに少しずつ代わり、1980年代後半にはCDが主流となります。本展では、それらすべてのメディアに収録されたさまざまな年代の音源を幅広い時間軸で取り上げ、さらにアメリカからヨーロッパ、アフリカ、アジアといった幅広い地域の音源を取り上げてトピック毎に紹介します。
また本展では、それらのレコードを再生する装置である蓄音機にもスポットを当てます。19世紀末の蝋管レコード時代の蓄音機にはじまり、狂騒の20年代(Roaring Twenties)と呼ばれ、アメリカが経済的に大きく花開いた1920年代に製作されたビクター社製蓄音機ビクトローラを取り上げます。さらに、日本における最初のレコード会社である日蓄(ニッポノフォン)が大正時代に作り出したラッパ付きの蓄音機など、多彩な蓄音機をその音色とともに紹介します。

2.ポピュラー音楽を生み出してきた楽器の数々
本展において、展示空間の骨格部分を構成するのは、中村とうよう氏が生涯を通じてもっとも力を入れて収集してきたレコードの展示です。
レコードは19世紀後半に発明され、当初はトーマス・エジソンが発明した円筒形のもの(これを蝋管と言う)が主流でしたが、蝋管に取って代わって円盤型のレコードがポピュラーな地位を獲得します。当初はレコード会社によって回転数が違っていましたが、ある時期からほぼ毎分78回転に統一され、日本ではこれをSPレコードと呼びました。それらは、第二次世界大戦後には33回転のLPレコードに少しずつ代わり、1980年代後半にはCDが主流となります。本展では、それらすべてのメディアに収録されたさまざまな年代の音源を幅広い時間軸で取り上げ、さらにアメリカからヨーロッパ、アフリカ、アジアといった幅広い地域の音源を取り上げてトピック毎に紹介します。
また本展では、それらのレコードを再生する装置である蓄音機にもスポットを当てます。19世紀末の蝋管レコード時代の蓄音機にはじまり、狂騒の20年代(Roaring Twenties)と呼ばれ、アメリカが経済的に大きく花開いた1920年代に製作されたビクター社製蓄音機ビクトローラを取り上げます。さらに、日本における最初のレコード会社である日蓄(ニッポノフォン)が大正時代に作り出したラッパ付きの蓄音機など、多彩な蓄音機をその音色とともに紹介します。

3.豪華ゲスト陣が多様なポピュラー音楽を語る
本展は、音楽評論家であり、中村とうよう氏とともに日本のワールド・ミュージックを牽引してきた田中勝則氏が企画を行い、さらに会場にて公開予定の映像コンテンツや会期中の関連イベントでは、日本の音楽評論の歴史を担ってきた方々に出演いただき、20世紀の多岐にわたるポピュラー音楽の世界を掘り下げていきます。

<映像コンテンツ出演者> (50音順)
靑野浩史(音楽プロデューサー)/大鷹俊一(音楽評論家)/岡田則夫(演芸評論家)/ 北中正和(音楽評論家)/サカキマンゴー(親指ピアノ演奏家)/マック杉崎(蓄音機研究家)/常味裕司(ウード演奏家)/萩原健太(音楽評論家)/濱田滋郎(音楽評論家)/ ピーター・バラカン(ブロードキャスター)/山内雄喜(ハワイ音楽演奏家)/ 湯川れい子(音楽評論家)

 

toyo_011

go top