バダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟楽団       カウワーリー三昧三会


おお!久々、

胸躍るチラシが舞い込んで来ましたよ!

これはスゴイ!

主催 seijanokyuteikoh@gmail.com
予約    new.raga.acoustics@gmail.com

 

*~~~~*~~~~~~*~~~*~~~*~~~~~*~~~~~~~*~~~~*~~~~~~~~
▽以下、主催代表、村山先生からのお知らとなります。

こんにちは
日ごと暑さが募ります、いかがお過ごしでしょうか?

さて、暑さと言えば8月10日から14日まで上野公園で「パキスタン・ジャパン・フレンドシップ・フェスティバル2019」が開催され、6年ぶりにラホールからバダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟楽団が来日し、無料かつ強熱的なスーフィー歌謡のステージを披露します。日本語の歌もあります。お楽しみになさってくださいませ。

私ども「聖者の宮廷講」では、楽団支援の意味も含めて、フエスティバル前後の三回を「メヘフィレ・サマー カウワーリーを聴く会」と称して、レクチャー(案内)を添えた番組を、外部会場を借りて行います。

『カウワーリー三昧三会』は、各回をテーマとセッティングが異なる趣向の番組にし、「カウワーリーを聴く」ことに特化して、スーフィズムの修道儀礼音楽に根ざしながらも一般大衆の人気ジャンルとしての地位を占めるトランス集団歌謡:カウワーリー Qawwali をゆっくり楽しんでいただこうという催し(参加有料の公開研究会)です。どうか、奮ってご参加くださいませ。

村山和之

*********************

8月 9日 第一会: カウワーリー奥山道しるべ @浅草・木馬亭

19時開場・19時半開演 3000円

案内人:村山和之
演奏の構成やスタンダード名曲、聴き方や評価の仕方など、カウワーリーの味わい方のポイントが即座にわかる初心者にも熟練者にも楽しめるショーケース的番組。

*********************

8月17日  第二会: カウワーリー温故知新 @代々木上原・hako gallery

14時開場・14時半開演 3500円

案内人:村山和之
カウワーリーの創立者アミール・フスローや啓蒙詩人イクバール、パンジャーブのブッレー・シャーらの作品を中心に、聖者廟のカウワーリー窟の魔力を再現する40名限定の生音番組。

*********************

8月18日 第三会: カウワーリー・パンジャービー @代官山・晴れたら空に豆まいて

正午開場受付順入場・12時半開演 3500円、当日券 4000円

案内人:サラーム海上、村山和之

本拠地パキスタンのラホールで行われる現地仕様の熱狂的なカウワーリー(ローカル聖者賛歌、舞踏曲、スーフィー民謡)を魅せつくす来日最終番組。

出演するカウワール

バダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟楽団
Badar Ali & Bahadur Ali Bros.Qawwali Troop from Lahore PAKISTAN.

カウワーリーに特化した職能楽師集団カウワールの家系に生まれる。

ラホールの大聖者ダーター・ガンジ・バフシュ廟を中心に活動する中堅の実力派。エジプト、イラン、オマーン、UAE、日本(2012年、2013年)の海外公演歴あり。

*********************

参考動画:

「アッラー・フー」
http://urx2.nu/i3iW

「日本の歌 Japani Song」
http://urx2.nu/TwIB

予約・問い合わせ

全三会とも、制作のNew Raga Acousticsへメールでお申し込みください。

お申込みいただきますと聴講代振り込み案内の返信メールが届きます。

メールに従って手続きを完了された方より順番に入場整理番号が届きます。

メールアドレス:new.raga.acoustics@gmail.com

主催:聖者の宮廷講 [2007-]

南・西アジアでのフィールドワークで得た映像を時間と身分にとらわれず誰でも、たっぷりと吟味し楽しみ学びつくす事を目的として、言語文化研究者の村山和之と世界音楽評論家のサラーム海上が共同で主催する公開研究会。
和光大学の「ぱいでいあ」空間を拠点に、おおむね年一回以上開講し、全19講で扱われたテーマは、スーフィズムの音楽と舞踏そして詩、映画音楽、文化人類学、民族音楽学など多岐にわたる。8月のカウワーリーを聴く会では、実質的に夏季集中講座として2年ぶりの開講となる。

seijanokyuteikoh@gmail.com

*********************

2019年6月14日現在(文責:村山和之)

go top