「SP盤で聞くアフリカ音楽 」by 深沢美樹 !


「SP盤で聞くアフリカ音楽 by 深沢美樹」お越しいただきました皆さん、ありがとうございました!自分、酔ってテキトーなこと言っていただけという反省もありますが、何しろSP音源の数々が、素晴らしかった。SP時代のアフリカ音楽を、皆さんとともに楽しむことができた特別な一夜になりました。重ねて、ありがとうございました(深沢さん、お疲れさまでした)!
〜写真はlipoさん撮影

 

おかげさまで、当方よりリリースさせていただいた深沢美樹さん選曲 / 解説 の2CDボックス『アーリー・コンゴ・ミュージック 1946 – 62 』は、大変ご好評をいただいてるようで、ありがたい限りです。皆さんに御礼申し上げます。

で、ちょっと遅きに逸した感なきにしもあらずですが、CDの発売を記念し、来たる9月1日(日)に「SP盤で聞くアフリカ音楽」と題したイベントを渋谷 li-po にて、催させていただくことになりました。

2019年 9月1日(日)
19:00〜21:00 (18:00 開場)
 @渋谷 LI-PO
>http://li-po.jp / http://li-po.jp/?p=5709
入場:1000円(1ドリンク付)

ご予約はこちらで▽
mail: info@li-po.jp  or Tel: 03-6661-2200 Li-Po
li-po イベント予約フォーム>★こちらからもご予約いただけます。

コンゴはもちろん、セネガル、マリ、ガーナほか西アフリカ各地や、また当エル・スール・レーベルより次回発売を予定しているナイジェリア! さらに東アフリカ、そして南アフリカまで、アフリカ各地のSP盤から貴重音源を厳選してお聴きいただくイベントとなります!(只今、鋭意選曲中 >★ by 深沢さん)〜深沢さんのお話のお相手は、SP素人代表ということで原田尊志 (エル・スール・レコーズ)がつとめさせていただき、皆さんがご納得いくまで、ツッコミと質問攻めを代行させていただくつもりです。

深沢さん選曲解説の『パームワイン・ミュージック・オヴ・ガーナ』そして『アーリー・コンゴ・ミュージック 1946 – 62』とお聴きいただき、目からウロコの20世紀前半のアフリカ音楽の面白さに目覚めてしまった方におきましては、まだまだ続く深沢美樹・選曲解説CDシリーズの予告イベントと解していただいても結構です。
あるいは、怖いもの見たさ上等、夜な夜なSP盤に針を落とし、ひとり悦に入っている中高年男性(あだ名”ミキティー” ですけど…)の人物像を垣間見てみたいという好奇心旺盛な方も(??)〜

加えて、その昔、下北のフェラ・アニクラポ・ミキティーと異名を取った深沢センセーが、フェラ・クティのように裸で踊るかどうかは別として、レクチャーの前後、驚異の深沢コレクションより、誰も聞いたことのないアフリカン・レアーグルーヴ(7inch&LP)かけまくりタイムも予定していますので乞うご期待!

どうぞ、是非、どなた様もふるってご参加下さい!お待ちしています!

また、当日はアフリカ音楽ファンにはお馴染みの渋谷ロス・バルバドスさんに、アフリカご飯とアフリカおつまみをケータリングしていただくことに!お腹空かせた方もどーぞご心配なくご来場を!ちなみに、ロス・バルバドスの大将、ダイスケさんには “アーリー・コンゴ・ミュージック” 収録曲の歌詞対訳を担当していただきました!Los Barbados >★>★

☆コンゴプレート1000円
☆チキンのみ単品 3本500円

 

 

 

 

 

★以下、深沢センセーよりプレゼントのお知らせ!
←「せっかくなので、ご来場頂いた皆さんに感謝の気持ちとして何か記念になる物はないかとアレコレ考え、ヒラメキました。はい、コンゴ音楽にちなみロニンギサ・レコードのSP盤スリーヴを、当日大ジャンケン大会で優勝者1名様にプレゼントします!もちろん当時のオリジナル。今から50年以上前のものですが、状態の良いものを選びました。デザインも良いので飾ってもOKですよ。是非みなさん渋谷Li-Poへお越し下さい!」

go top