「蓄音機博士が語る二つのアメリカン・ルーツ・ミュージック」


以下、田中勝則さんからのお知らせです!

 「ポピュラー音楽の世紀」展イヴェントのお知らせ

5月25日にいよいよ「ポピュラー音楽の世紀」展がスタート。同日は折田育造さんと小倉エージさんを迎えてのオープニング・イヴェントを、盛況のうちに終わらせることができました。
そして続くイヴェントが今週の土曜日に迫っていいます。

「蓄音機博士が語る二つのアメリカン・ルーツ・ミュージック」
出演:マック杉崎+田中勝則
日時:5月30日(土)16時半
場所:武蔵野美術大学美術館ホール

mac-2015musabi

マック杉崎さんは『図説 世界の蓄音機』という著作で知られる蓄音機研究の第一人者です。今回の展覧会で展示されている中村とうようさんの蓄音機もすべて杉崎さんに修理していただきました。今回はそんな杉崎さんならではの蓄音機に対するうんちくをたっぷり語っていただく予定です。また同時に、杉崎さんは古い時代のアメリカン・ミュージックのコレクターでもあります。

今回は田中勝則と一緒に「二つのアメリカン・ルーツ・ミュージック」というテーマで新しいアメリカ音楽に対する切り口を披露させていただこうと思っております。もちろん中村コレクションから貴重な蝋管レコードやSPレコードなどをたっぷりご紹介いたします。

今回のイヴェントは土曜日。
ゆっくり展覧会を見て、イヴェントをお楽しみください。

go top