新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

KALOUM STAR / FELENKO

ベンベヤ・ジャズやバラ・エ・セ・バラダンなどアフリカ音楽の黄金時代を代表するギネアの国立バンド~そのほとんどが既に政権の交代とともに解散・消滅してしまった中、当時から少々のメンバー・チェンジをしながらも現役で活動している唯一のバンドがこのカルーム・スター!しかも、当時のスタイルを頑に固持するだけではなく、柔軟にジャズやブルース、アフロビートなどを取り入れてい …

続きを読む>

WASIU AYINDE BARRISTER / AMERICAN TIPS

全盛期録音、久々に再入荷しました。やっぱりこの頃が一番ワイルドですかねえ。何というか、人間の声じゃないですな…、こういうヴォーカル、というかヴォイスに較べると、ディープ・ソウルもスウィートに聞こえてしまいますねえ…。~スクラッチやシモンズ・ドラムも入ってますが、とにかくドラムス&トーキングドラムを中心に据えたパーカッション・アンサンブ …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / GRACE OF GOD

07~08年頃の作品と思われます。以前、数枚入荷しましたが、やっと再入荷しました(今回も、ま、数枚ともう少しの入荷ですが…)。おそらく過日入荷した『ブレッシング』08年作?前後の作かと思われ、こちらもタイトル通りの軽快なゴスペル系ジュジュを展開しています!~往年のアデ・マニア>>酔人婆爺さんに寄れば(無断リンクすみません)、『ブレッシ …

続きを読む>

DAWADA JOBARETH / NORTHERN LIGHT GAMBIAN NIGHT

西アフリカを代表する弦楽器コラの若手演奏家ダウダ・ジョバーテの世界デビュー作が登場です。ガンビアのグリオーの家系に生まれた彼の当初の担当楽器は打楽器だったそうで、23歳でデンマークのコペンハーゲンに移住してからコラを習得したという変わり種~しかしその演奏能力はとても高く、伝統的な奏法はもちろん、エレクトリック・コラを用いた先進的なプレイもこのアルバムで披露し …

続きを読む>

OWINY SIGOMA BAND

Gorillazのバンド・メンバーで、エルモア・ジャッド名義でも知られるジェシー・ハケットが集ったロンドンのミュージシャン達が、ケニアのナイロビに訪れ、現地のミュージシャン達とレコーディングした~異文化交流作品?オブスキュア&エレクトロなロンドンサイドの音楽性に、現地伝来のハープ型弦楽器ニャティティや各種パーカッションが絡み独特のダンス・ミュージックを創出! …

続きを読む>

IDRISSA DIOP & CHEIKH TIDIANE TALL / DIAMONOYO TIOPITE, L’EPOQUE DE L’EVOLUTION

キューバンからの影響によって始まったセネガリーズ・ラテンPOPシーンの中で、いち早くウォロフの打楽器サバールを導入~POPンバラへ道を拓いたいう70年代の重要バンド(だったということが本複刻で証明されたとも思える)サヘル、及びそのサヘルにヴォーカリストとして在籍していたイドリッサ・ディオップとギター&オルガン奏者、シェイク・ティディアン・タールのそれぞれの音 …

続きを読む>

AMIRA KHEIR / VIEW FROM SOMEWHERE

これは聴いたことないタッチ。イタリア生まれ、現英国在住のスーダン人女性SSWアミーラ・ヘイルの11年デビュー作。スーダンのスアド・マッシとでも言いましょうか。スーダン~ヌビア音頭的なヨナ抜き音階を用いながらも洗練されたジャズ~アコースティックソウル化した女性ヴォーカル作品です。ウードやコラ、ダルブッカなど民族楽器が散りばめられ、アーシャやヤエル・ナイムよりも …

続きを読む>

V.A. / BLNRB-BELLIN, NAIROBI WELCOME TO THE MADHOUSE

独レーベル / アフリカン発クラブ系トラックをコンパイル&リリースするアウト・ヒア・レコーズからまたユニークな作品が登場!ドイツ・ベルリンを拠点にするモードセレクター、ゲブラダー・タイヒマン、ジャクージらがケニアの首都ナイロビにおもむき、現地のラッパーやシンガー、エレクトロポップ・バンド(!)とコラボレイション~ヒップホップ、ダンスホール、ミニマル、エレクト …

続きを読む>

TINARIWEN / TASSILI

過去10年間でもっとも世界を驚かせたアフリカのバンドがティナリウェンでしょう~彼らが奏でる“砂漠のブルース”は、ロバート・プラントをはじめトム・ヨーク、ブライアン・イーノ、サンタナなど数々の大物音楽家らを虜にしたのは有名な話。サハラ砂漠で生まれた塩辛くも男気溢れる歌とサウンドは世界に数多くのファンを生み出してきました。このアルバムは、そんな彼らの最新作(通算 …

続きを読む>

BABALOO / HARDCORE JUJU

なんだかよくわかりませんが、 キライじゃないです。 Babaloo sounds like the bastard child of Tito Puente, The Ramones, King Sunny Ade, and the Sex Pistols… ということで、ラテン&アフリカ&エキゾ &カクテル&パンク!? LAたりかなと思ったら、 ボ …

続きを読む>

V.A. / LIVING IS HARD, WEST AFRICAN MUSIC IN BRITAIN 1927-1929

なんだか、スゴイことになりそうです~英国EMIに残された15万枚のSPレコードのマスター音源から、オネスト・ジョンズが随時コレクション・アルバムをリリースするということですが、その第一弾、1920年代後半に英EMI録音として残された西アフリカ音楽集!いや~20年代の録音とは思えない音の良さで、ほぼポピュラー音楽直前状態のヨルバ/イボ/ハウサ/アシャンティ/フ …

続きを読む>

MOKOBE / MON AFRIQUE

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏アフリカ系ラッパー=モコベのファースト・ソロ・アルバムは、1曲ごとに豪華スターが参加、オール・スター競演CDとなりました!サリフ・ケイタ/ユッスー・ンドゥール/ヴィヴィアン/マヌ・チャオ/アマドゥ&マリアム/セクーバ・バンビーノ・ジャバテ …

続きを読む>

MOKOBE -113 / AFRICA FOREVER

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏セネガル系ラッパー=モコベのセカンド・ソロ・アルバム2011年作となります。ワスル大御所、ウームウ・サンガレから、ンバラ若手のムバイエ・ジェイ・フェイ、クレオール系カナディアン女性歌手、ナタリー・ブルや、ギニアのキゾンバ系男性歌手?フォデ …

続きを読む>

go top