ALICIA Y CARLOS


alicia-carlos05年までラジオ番組を持っていたムシカ・クリオージャのシンガー・ソングライター、アリシア・マギーニャがギタリストのカルロス・アイレと1970年に録音したアルバムのCD化です。子供の頃にすでにメディアに注目される才能を持っていたアリシアは10代半ばに「ペルー最高のギタリスト」といわれるオスカル・アビレスのアカデミーでギターと作曲を学び、1956年、18才で最初の作品を発表、その作品はロス・トロバドーレス・クリオージャス、オルガ・ギジョー、ロベルト・テージョらに取り上げられました。本作では彼女の2番目の夫で実力派ギタリストのカルロス・アイレの伴奏で繊細でありながらしっかりとした力強さも持ち合わせた美しい歌声を披露しています。ムシカ・クリオージャの定番のバルスやマリネラ、自作のバルスの他に、アンデスの名曲もテンポ良く歌っています。1970年という時代の雰囲気もあり、ちょっとメランコリックで自由な感じもOKですね。また、当時77歳だったエル・セニョール・デ・ラ・ハラーナ(ミスター・パーティ)ことアウグスト・アスクエスの元気な歌声と、ウアンカのオルガ・セバージョスのマンドリンを聞くことが出来ます。これはまさに掘り出し物です!

   

go top