ABASS AKANDE OBESARE & His African Michael Jackson / LIFE IN EUROPE


アッバス・アカンデが90年代になってデビューした時、フジのマイケル・ジャクソンなんて呼ばれたり、自ら名乗ったりもしていましたが、う〜ん、ご自分のお顔、鏡とかで見たことないんでしょうかねえ? だいたい数いるフジの歌い手の中でも指折りに獰猛な声とお顔の持ち主なのに…。で、話は変わって本盤、90年代後半の打ち込みトライ作かと思いますが、”LIFE IN EUROPE” って、タイトルも意味不明、偽ライヴ仕様で始まるよくわからない試みではあるものの、変に迫力あることは確かですね(って、絶対売れないだろコレ!)。

go top