えぐさゆうこ / 麗しき島々


ナレーターとしても活躍し、屋久島にルーツを持つ歌手・えぐさゆうこ。
2016年に発表されたミニアルバム『宝歌-takarauta-』に続く、待望の1stフルアルバム『麗しき島々』が完成。
今作では奄美・屋久島・種子島の古謡を中心に取り上げており、 伝承者が少ない屋久島の古謡「まつばんだ」や、 えぐさゆうこの師匠である朝崎郁恵が喜界島の祖母から聴かせてもらったという江戸時代以前の古謡等も収録されている。
アレンジには加藤登紀子や伊藤多喜雄のサポートなどでも活躍するピアニスト・江草啓太と、ブラジリアン・スタイルのギタリスト笹子重治。 演奏は、笹子重治とパーカッション渡辺亮の絶妙なコンビネーションによる楽曲や、多方面の作編曲家からの信頼も厚いヴァイオリンの吉田篤貴とチェロ菅野 太雅によるストリングス、 ブルガリア民謡や江州音頭の佐藤みゆきとのコーラスデュオなど、多彩なミュージシャンによる端正なアレンジが完成した。

■収録曲:
1. 長雲(奄美)
2. 田植え唄(喜界島)
3. 千鳥浜(奄美)
4. 鳥が鳴く(屋久島)
5. とっぴぶし(屋久島)
6. まつばんだ(屋久島)
7. てまりうた(奄美・加計呂麻島)
8. 小島の子守唄(屋久島)
9. 小瀬田の四つ竹踊り歌(屋久島)
10. ようかい(種子島)
11. まつばんちゃ(喜界島)
12. ええうみ・Месечинко льо(奄美・ブルガリア)

■演奏:
えぐさゆうこ:vocal
笹子重治:guitar
江草啓太:piano,electric piano,奄美竪琴
渡辺亮:percussion
吉田篤貴:violin
菅野 太雅:cello
佐藤みゆき:chorus

■えぐさゆうこ プロフィール:
奄美島唄を朝崎郁恵に師事。父の故郷・屋久島など離島での現地調査、古老への取材などを経て、世界の民族音楽に通じる日本の島々の土着的な声を表現するボーカリスト。 2016年 初のソロアルバム『宝歌-takarauta-』をリリース。J-wave『RADIO SAKAMOTO』(パーソナリティ:坂本龍一)で多重コーラスアレンジの「朝顔節」がオンエア。Bunkamuraシアターコクーン「民衆の敵」にてコーラス担当。ブルガリア音楽と日本の民謡とのコラボレーションライブを定期的に行うなど他ジャンルとの交流も多い。 2020年9月、台湾の大人気ゲーム「陰陽師」のCG映画のエンディングテーマ「故海之約」(作曲:スミン 舒米恩)の歌唱・奄美三味線を担当。 ナレーターでもあり、Eテレ「全国高校大学ダンスフェスティバル神戸」、TBS特番、テレビ東京「地球VOCE」、MXテレビ「5時に夢中」などの番組ナレーションなど担当した。

〜以上、メーカーインフォより

go top