CHAMAD SHANGO / APOKOLO LIBIDO


フランスの男女デュオ・ユニットによる2020年の初アルバムです。ソングライティング/ギター/キーボード他と、女性ヴォーカルに、ヴァイオリン&ヴィオラが一部加わるという構成ですが、エレクトロニカにソウル、スウィング要素などをほどよくミックス。ハスキー系の雰囲気あるヴォーカルが印象的ですね。レパートリーはいずれもオリジナルで、詞は英語となっています。(サプライヤーインフォより)

1. Apokolo
2. Tricks
3. I Curse You Dude
4. Kick Out The Beast
5. Be Next
6. Do Break The Bank
7. Narcisse
8. Keep On Moovin’
9. Scars And Tattoos
10. Way Too Loud

Guillaume Casset : machines, guitar, keyboards, trombone
Ory Meuel : voice, machines
Guest
Emma Sempere : violin, Cello

go top