PETE RODRIGUEZ / LATIN SOUL MAN


「キング・オブ・ブーガルー」の称号を得たピアニスト、ピート・ロドリーゲス。1969年のアルバムです。ハラ・ハラのナンバーにはじまり、ブーガルーあり、アルマンド・マンサネーロのナンバーをスペイン語&英語で歌ったボレロあり、サルサあり、リチャード・エグエスのナンバーもカヴァーしています。プロデュースはジョージ・ゴールドナー。3曲目の英語のナンバーは、トランペットのトニー・パボンとコンガのマニー・ロドリーゲスによるオリジナルで、ヴォーカルとコーラスが絡むモントゥーノ・パートをオミットし、トランペットとピアノのソロをブリッジにした構成ですが、後のイングリッシュ・サルサに通じていくような、軽やかなテイストが好ましいです。(サプライヤーインフォより)

1. Tengo Jala, Jala
2. “Me”?
3. A Little Thing
4. Yesterday I Heard The Rain
5. No Peudo Mas
6. Juana
7. Nunca Abandones Tu Mujer
8. Maloja
9. La Orquestra

go top